PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

たぁくんとのお別れは、突然でした。

昨日は、朝から、美味しいものも食べて、いつもと差ほど変わらない様子で過ごしていたのに・・・



今朝、突然、そのときがやってきました。



朝、急に便の臭いがしたので、ふと見ると、たぁくんのサ-クルの中が、おトイレ状態でした。
「あ・・たぁくん、昨日は、食べ過ぎちゃったかな・・」なんて言いながら、汚れた毛布を持ち、たぁ君と、外へとおトイレに出ました。

ちょっと待ってね・・と、お布団を変えに部屋に戻り、直ぐに、外に出てみると、たぁ君は、伏せていました。
お腹が痛いのか、体調が悪いのか・・・「家に入ろう」と促しました。

それでも、トボトボと家の前を歩き出したので、お腹が痛くて、また催したのかと思いました。
が、5歩程進むと、急に後ろ脚がプルプルと震えだし、倒れそうな感じがしました。

急いで抱っこをし、部屋に戻り毛布の上に乗せると、目を開けたまま横たわっていました。
暫くすると、ハァハァと息が荒くなり、みるみるうちに舌の色が白くなってきました。

確か、治療が上手くいって、余命半年って・・・
一昨日の診察で、胸のレントゲンもエコ-も血液検査もしたし・・・状態は変わってなかったし・・・
何で?何が起こっているの???


一瞬、何が起こったのか・・頭が真っ白になりました。


下顎呼吸になってしまい、あ・・もう駄目だ・・と思った直後に、たぁくんは息を引き取りました。
息が荒くなってから、15分後・・8時33分でした。
IMG_2635.jpg
寝ているようで、今にも目を開けそうな気がしました。


たぁくんにとっては理想的な逝き方だったのかもしれません。


前日まで、美味しいものを食べました。
IMG_2303_201801212345105c0.jpg

OMさんに頂いた、犬用の肉まんあんまん・・お肉に・・・
夜ご飯はタ-キ-ス-プを混ぜると、お皿までなめてピカピカでした。

513B4BA5-CAD2-409B-886A-15794FE8FE44.jpg
昨日の朝は、元気よく歩いていました。


心配していた呼吸困難もなく、激しい痛みに襲われることもなく、フッ・・と意識が遠のいていきました。
苦しい辛い時間は、限りなく少なくて済んだのかもしれません。



保護当時、交通事故のような怪我と骨折があり・・何より、フィラリア症に感染していて、長く治療をしました。

一時は、肺塞栓によるショック状態になり、そのあとは肺炎に・・・
そのうちに、甲状腺機能低下症になり、チラージンを服用することになり、内服薬とは縁が切れない数年間でした。

宇宙犬かと思うほど、不思議なたぁくんでした。
ぼぉ~としていて、とっても可愛い可愛い子でした。
IMG_1961.jpg
お散歩で会うお爺さんにも報告しなければなりません。


苦しまずに、こうちゃんやモモコやフクちゃん達のところに行けたのは、それはそれで良かったと思います。
贅沢を言えば、もう少しだけ、たぁくんの笑っている顔を見ていたかった。


皆さまの応援、ご支援のお陰で、後悔することなく、必要な検査も治療もできました。
IMG_2640.jpg
本当に、本当に、ありがとうございました。

| | 23:56 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

たぁ君、お疲れ様

あまりの突然の訃報に気持ちがついていけてませんが…
たぁ君の保護されてからを思うと怪我と多くの病気にI様の元で健気に向き合って来てたんですね(>_<)でもたぁ君を見てるといつも笑顔でそんな辛さを感じさせない所が有っていつも癒されてました。
たぁ君、お疲れ様でしたm(__)mそしてありがとう‼
今まで良く頑張ったね!直前まで美味しい物を食べられて、皆とも楽しくお散歩出来て最期は苦しみも少なくコウちゃん、モモコさん、フクちゃんの所に行けたと信じてます。(突然過ぎるけどね!)
お空では体も軽くなり、痛い所もないと思うから、美味しい物を沢山食べてその笑顔でこちらの皆を見守ってね☆
I様、深い愛情でたぁ君をお世話して下さりありがとうございました。新しい家族に恵まれなくてもたぁ君は本当に幸せだったと思います。
月並みな事しか言えませんが…お疲れ様でしたm(__)m
これからも日常は続きますがご自愛下さい。


| ココママ | 2018/01/22 07:18 | URL | ≫ EDIT

たぁ君、最後まで苦しかったり、辛かったりする姿を見せず、本当に
偉かったと思います。
保護された時、そして保護されてからも、幾度となく訪れた試練を、
持ち前のほんわかした性格で乗り越えてきたね。
真の強さだと思います。
突然の訃報にただただ悲しいだけですが、たぁ君の頑張りをたっぷり
褒めてあげたい気持ちです。
Iさん、献身的な看護、お疲れ様でした。
たぁ君は最後まで幸せだったと思います。

| Michy | 2018/01/22 10:02 | URL | ≫ EDIT

たぁ君、美味しいものを沢山頂いて、楽しくお散歩をして、
おトイレまでちゃんと済ませて、お空に帰って行ったのですね。
あまりに突然のお別れで今は驚きと悲しみでいっぱいですが、
苦しい時間が限りなく少なくて済んだ、というお話が何よりの救いです。
Iさんに保護されてからのたぁ君は、本当に幸せな犬生だったと
思います。見ているだけで優しい気持ちにさせてくれたたぁ君の穏やかな笑顔がそれを語っています。
たぁ君、お空でもマイペースでゆっくり休んでね。
Iさん、本当にお疲れ様でした。どうかくれぐれもご自愛下さい。

| たろうはは | 2018/01/22 12:43 | URL |

たぁくんの優しい笑顔が大好きです。たぁくん頑張りましたね。寝ているみたいなお顔です。lさんがそばにいてくれてたぁくんはあんしんだったとおもいます。

| クッキーちゃん | 2018/01/23 12:20 | URL |

たぁくん、ありがとう

たぁくん、I様、本当にお疲れ様でした。
人も犬も、命あるものはいつか必ず死ぬ。それは避けて通れない道…。分かってはいますが切ない、やるせないですね。どうして神様は犬の命をこんなに短くしたのかな。

たぁくんは誰が見ても幸せ者です。I様にいっぱい幸せをもらって、いっぱい感謝していたのだと思います。最後にI様の悲しみが少ないような別れ方をしてくれたのでしょうか。美味しいものも食べて、お散歩もして、眠るように逝くなんて…最高の親孝行ですね。
辛い過去もありながら、穏やかで本当によい子に育ててくださって、頭が下がる思いです。ありがとうございます。

たぁくん、お空の上で思い切り楽しんでね。忘れないよ。

| タケルママ | 2018/01/23 19:56 | URL |

たぁくん やすらかに

美味しいもの食べて、ちょと外の空気吸って、あっという間にこうちゃん達の元に旅立ったたぁくん・・・
今頃、皆と下界の溶けかかった雪景色見ているでしょう、
たぁくん、安らかにね!
I様、まだまだ続くけれども、お疲れ様でした。
検査も治療も悔いなしは、理想ですね。動物にも人間にも、

| masuda | 2018/01/24 16:19 | URL |

たぁくん、悲しいよ。たぁくんの穏やかなお顔が大好き。いつも癒しをありがとう。いつかはお別れの日がくると分かっていても、やっぱり駄目です。もう少し、もう少しと欲張ってしまいます。優しい人に見守られ、静かに旅立てたことが心の救いです。I様のお気持ちを思うと胸が潰れそうです。辛いお別れが来ると知りつつ、多くの命に優しさを有り難うございます。

| がつ | 2018/01/24 19:01 | URL |

ありがとうございます。

ココママさん、Michyさん、たろうははさん、クッキ-ちゃんさん、タケルママさん、masudaさん、がつさん、コメントを有難うございます。
御返事が、大変遅くなってしまって、申し訳ございません。

たぁくんへの温かいお言葉をありがとうございます。
皆さまへの感謝気持ちに、突然フッといなくなってしまった淋しさに、色々な思いが交錯しておりました。お一人お一人に、御返事をしようとしていたのですが、皆さまのコメントを読み返すと、何だか切なくなって、自分の胸が苦しくなってしまいました。
こんなにも皆さまに思って頂いて、たくさんの温かいお言葉を頂き、たぁくんは幸せな子です。本当にありがとうございます。また、御返事が遅くなってしまい、大変、申し訳ございません。

| itabashinoinutati | 2018/02/07 16:48 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://itabasinoinutati.blog47.fc2.com/tb.php/826-873630d4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT