FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

受診はじめとアンの幸せ。

元旦からほぼ毎日、朝の散歩帰りに、ヒョコッと現れるゲンちゃん。
そして、自宅の敷地入り口付近で、ゴロンと・・犬の行く手を阻むのが日課です。
0D7E2B31-C41B-4ECA-876C-11B8F24E254B.jpg
彼は我が家の犬たちが、全く怖くないようです。

犬たちが怖くないと言えば、ぐぅちゃんも、怖いもの知らずです。
この間、机の下をふと見ると、寝ているアンさんのお尻を枕にしていました。
guuann.jpg
寝ているアンの近くには、絶対に近寄らない猫たち・・恐るべし、ぐぅバァちゃんでした。


さて、病院の診療開始当日の4日、今年の受診初めは、そのぐぅちゃんでした。
ED931085-4368-4C7C-B23D-130A39325027.jpg
年末から、食欲が落ち、お正月が明けてからは、食べない日もあり、心配でした。

薬を飲ませる時に見てみたら、口腔の奥が赤くなっていました。
痛々しく、飲み込むのも辛そうでした。

一日おきの皮下点滴で、脱水は補正されているものの、やはり、口の奥の方が真っ赤になっているとの診察結果でした。
腎臓の数値が悪いので、ステロイドの使用は極力避けていて、前回、ステロイドを打ったのは、半年くらい前です。

しかし、背に腹は代えられません。
生きるためには、食べなければなりません。
究極の選択で、喉の炎症を抑えるための、ステロイドの注射をして頂きました。

それから、2~3日は、いつもよりは食べたのですが、8日頃から、また食べなくなって来ました。
このまま食べない日が続くようなら、病院にお預けしてル-トからの静脈点滴をおねがいするしかありません。
今のところは様子を観ています。


そして、8日の火曜日はチビ太とカツオが受診しまた。

チビ太は、心臓の定期健診と目を見ていただ来ました。
2019tibit.jpg
角膜に、少し傷があるようで、見て頂いたところ、痛がっていないようだし、古傷ではないかとのことでした。
IMG_6163.jpg
ヒアレインを点眼するだけで良いとのことでした。
心臓の方は、良くも悪くもなっていないとのことで、チビタの定期健診は終わりました。

保護当初、酷い猫風邪だったカツオ君。
2019katuo.jpg
カツオは、鼻水とクシャミが酷くなってきたので受診しました。
全身状態は極めて良好で、元気も食欲も・・悪戯も、天下一品のカツオ君。

鼻水を感受性の検査に出して、結果待ちです。
取りあえず、抗ウィルス剤の内服治療を始めています。


そして9日は、アンさんの受診でした。
kuruma2019.jpg

ワクチン接種と、尿検査をしました。
エコ-検査もしたところ、膣炎があるとのことでした。

膀胱炎は抗生剤などの内服治療を行いますが、膣炎は内服治療は効かないそうで、直接的に消毒する方が良いとの事で、洗浄して頂きました。

膀胱のように尿検査で色々とわかるわけでもないので、膣炎の状態を観察するのは難しいです。
膣も尿道の入り口も近くにあり、逆行感染を予防するのは大変です。

膀胱炎は尿管からの逆行感染で腎盂腎炎を引き起こすのでかなり注意をしていました。
避妊手術を済ませている膣炎は・・油断しがちでした。

このところ、繰り返し膀胱炎になっていたのは、膣炎から細菌が尿道から入り、膀胱炎を2次的に引き起こしていたのかもしれません。

an20191g.jpg
その日は、疲れたようで、夜は、物音にもピクリともせず、舌を出して寝ていました。

9月から、外猫のTNRが続き外出も多かったので、オムツ交換もマメにしてあげられなかったことも多く、アンには申し訳ないことをしました。


そんなアンさん・・・
今年初めの嬉しい報告があります。

なんと、アンさんに新しい家族が決まりました。
近々、トライアル開始です。

今回の膀胱炎のこと、アンのこれまでの経緯と現在の状況をよく理解して下さって、そのうえで、今のアンを引き受けてくださいます。

アンに、素敵な家族ができるのです。
anarigato.jpg
これまで、ずっとアンを応援して支えてきてくださった皆さま、本当にありがとうございます。

詳細は、後日、ご報告させていただきます。

| 未分類 | 08:25 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

よかったね!

新年一番のビッグニュース!
アンちゃん、新しい幸せを掴んだんですね。アンちゃんが保護された時の話を思い出すと、今でも胸が締め付けられます。
まだ子犬のアンちゃんが空腹と痛みでどれほど耐えていたか。
心ない人間の行動で、辛い思いをしたアンちゃん。先生方の熱意、アンちゃんの強い力、Iさんの愛情深いケアで、ここまで来ましたね。
姿が見えなくなるのは凄く寂しいけど、新しい幸せに向かって歩き出したのですね。
アンちゃんには、身体的ケアも必要だけれど、自分だけの家族の愛情も必要だったのかもしれませんね。
アンちゃんおめでとう!(^O^)v

| いな | 2019/01/12 00:56 | URL | ≫ EDIT

新年早々のビッグニュース。
もう何度も読み返してしまいました。
正直、アンちゃんはIさんの元でずっと暮らすと思っていました。
でもアンちゃんにとってこの上ない幸せが舞い込んで来たんですね。
惜しみ無い愛情を掛けるIさんを始め先生方や回りの方達の賜物ですね。
良かったです。アンちゃんに会えなくなるのは寂しいです。
でもアンちゃんの幸せを考えると嬉しい涙が出ます。
アンちゃん、良かったね。
新しいおうちでもはっちゃけアンちゃんでいてね。

| リリママ | 2019/01/12 11:57 | URL |

遅くなりましたが、今年もヨロシクお願い致します。

何と年の始めにこんなに嬉しいお知らせが有るなんて…
私も新しい家族に恵まれなくてもアンちゃんはI様の所で幸せに暮らすと思ってました。でも現在のアンちゃんの事をよく理解して下さった方が家族になってくれるならこんなに嬉しい事は有りませんね‼
I様の今までの活動がまた実を結びますんですね!
アンちゃんに会えなくなるのは寂しいですが、今までの過酷な犬生が打ち消される位にこれからは温かい新しい家族の元で幸せになって下さいね、アンちゃん***

体調不良の子が居ると心配で落ち着きませんね↓少しでも早く回復に向かうと良いですが…

| ココママ | 2019/01/12 16:18 | URL | ≫ EDIT

しあわせ

あんちゃんおめでとう。まさかと思っていたが、あのお宅に行きましたかぁ。
お手柔らかにお願いいたしますねー。
ビビりお兄ちゃんですのでよろしくです

| 元気くるみ | 2019/01/13 18:55 | URL |

アンちゃん

アンちゃん、おめでとう。
この記事を読んできっとあの方のところと思っていました。
あの方のブログを見てやっぱりと、自分のことのように喜んでいます。
板橋の犬さんもあの方ならアンちゃんを託せると思われたのですね。
たくさんの保護犬や保護猫でお忙しいことと思います、ご自愛下さい。

| ハチママ | 2019/01/13 19:33 | URL |

いなさん

コメント下さっていたのに、お返事が遅くなってしまってごめんなさい。

いなさんには、沢山お世話になりました。
保護当初から、アンを応援して下さって、感謝しております。
これからも、アンを見守って下さいね。
よろしくお願いします。

| itabashinoinutati | 2019/01/27 16:44 | URL |

リリママさま

コメント下さっていたのに、御返事が遅くなってしまい申し訳ございません。

過去も含めて、全てを受け入れて下さる方に、迎え入れて頂いて、アンも幸せです。
これからの余生、幸せを満喫して欲しいです。
はっちゃけアンさんは、おしとやかになることはないでしょうね(笑)
いつも、アンを応援して下さって有難うございます。
これからも、新しいおうちでの応援をよろしくお願いします。

| itabashinoinutati | 2019/01/27 16:58 | URL |

ココママさま

ココママさん、御返事もせずに、すみませんでした。
遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。

アンも幸せになり、皆さまにも良いご報告ができて、よかったです。
こちらにいた時には、ココママさんにもたくさん応援頂き、大変、お世話になりました。
ありがとうございます。
これからも、アンへの応援をよろしくお願い致します。

| itabashinoinutati | 2019/01/27 17:18 | URL |

元気くるみさま

コメントありがとうございます。
御返事遅くなり、申し訳ございません。

あんさんは、楽しく暮らしているようです。
幸せそうです。
これからも、あんさんへの応援をよろしくお願いしますm(__)m

| itabashinoinutati | 2019/01/27 17:58 | URL |

ハチママさま

コメントありがとうございます。
お返事が遅くなってしまい、大変失礼いたしました。

皆さんが、アンの嫁入りを喜んで下さって、本当に嬉しいです。
これからは、パパさんママさんに可愛がって頂き、お兄ちゃんと仲良く暮らして、幸せな犬生を過ごして欲しいです。
いつも、応援して下さって、本当にありがとうございます。

| itabashinoinutati | 2019/01/27 18:25 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://itabasinoinutati.blog47.fc2.com/tb.php/900-84506ec0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT