FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ぐぅちゃん・・虹の橋へ

1月20日は、たぁくんの命日でした。
talaganbaro.jpg
もう、1年が経ったなんて・・早いですね。

たぁくんとのお別れのその時は、あっけない程の一瞬のものでした。

MKさん、たぁくんのことを覚えていてくださって・・素敵なお花をありがとうございます。
IMG_6572.jpg
たぁくんが「オイラに、お花が届いたぞ!やったぁ~」と、言ってそうな気がします。


そして昨日・・
26日に、また、悲しいお別れをしました。

頑張っていた、ぐぅちゃんが、11時20分に息を引き取りました。
daisukiguu.jpg

難治性口内炎の悪化と慢性腎不全・・・
もっと苦しむのかな・・心配していましたが、そんなに長患いもせずにすみました。

最期のその時も、30秒程、あえぐ仕草は本当に短く、あっという間に逝きました。

ぐぅちゃんにとっては、辛い時間も少なかったことは、幸いだったと思います。

E4FBF18F-CE4D-46CC-BF88-601590F8DD32.jpg
体調が悪くなるまでは、抱っこ抱っこと・・・膝から胸に上って来て、ゴロゴロと甘えてくれていました。

可愛い可愛い・・ぐぅちゃん。


ぐぅちゃんは、ご近所さんでご飯を貰っていた外猫でした。
IMG_7720.jpg

ヨダレを垂らして、ご飯も食べられていなかったようなので、治療の為に保護しました。
口内歯肉炎と舌潰瘍がひどくて、麻酔をかけて、犬歯から後ろの歯を抜歯して頂きました。

保護当初は、口の治療が終わったら、リリ-スしようと思っていました。
ところが、腎臓の数値も悪く、難治性口内炎は、今後の治療も必要だとのことで、我が家で過ごすことになりました。



定期的に受診し、口内炎の治療をして頂き、何とか食べる事ができていました。
しかし、腎不全に対応した処方食は食べてくれず、ス-パ-などで市販のフードだと、食べてくれました。

だましだましの治療で、腎臓の数値も、そんなに悪化せずに過ごしていたのですが・・・

昨年の夏前から、急に悪化してきました。
自宅での皮下点滴でも、追いつかない腎臓になってきてしまい、どんどんと数値は悪くなって行く一方でした。



老廃物と余分な水分をだすのが、腎臓の役目です。

ただし、濃縮力がなくなってしまった場合、大切な水分まで出してしまいます。

血液の中から老廃物だけ出して、必要な成分は再吸収してバランスを取っていたものが、再吸収できなくなりダタモレの状態・・・。

水分も脱水になっても出し続けてしまうのです。

水分量が減ると全体の血液の量も減るので、腎臓に流れ込む血液量も少なくなります。
その結果、尿を作る能力が更に低下し、悪循環になります。

生命維持に、不可欠な水分と電解質のバランスが取れなくなることは、命の存続が脅かされるということです。

病院では、苦痛が少ないように、吐き気を止めることと電解質の補正はして頂きました。

それでも、一昨日の夜は、吐き気がとまらなかったようです。



そのときが迫っていることは明らかな状態になっていたぐぅちゃん・・
その日は、我が家で看取りたいと思いました。
腎臓の病気・・・
1度壊れたら、修復されることのない臓器・・・

胃腸や肝臓は回復しますが、肺や腎臓は取り返しがつきません。
本当に怖いです。


今、ぐぅちゃんが大好きな枕に頭を乗せ、寝ているようです。
S__143032327.jpg

そして、冷たくなったぐぅちゃんが横たわるリビングでは、大ちゃんはピョンピョンはねて・・・ポコタはおもちゃを咥えてはしゃいでいます。

カツオが相変わらず悪戯をして遊んでいます。


賑やかなはずなのに・・・静かなリビングです。

もう・・いい加減、心が壊れそうです。



昨日は、家族に友人が駆けつけてくれました。

S__143032323.jpg
Kさんとケンタも、ぐぅちゃんに会いに来てくれました。

そして、KFさんもお花を持って、かけつけてくれました。
C34B735B-D50B-4986-A69A-064E2EEBF085.jpg

2人とも、声を揃えて「腎臓で亡くなったのに、毛割れもなく、毛並みが綺麗だよね」と言っていました。
亡くなる前日の夕方までは、オシッコも出ていました。
脱水は補正できていたのかもしれません。

これから火葬してきます。
guu2019127.jpg
大好きなぐぅちゃん。ありがとう・・・。


| 未分類 | 12:19 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ぐぅちゃんのご冥福をお祈りいたします。
治してあげられない病気って、辛いですね。
ぐぅちゃんは、保護されてから大切にされ、最期まで手を尽くしてもらって、
感謝していると思いますが、救ってあげられず、残念でした。
Iさん、大丈夫ですか?
悲しい見送りを何度もされたと思いますが、それでも保護活動を続けられている
Iさん、Kさん、尊敬しております。
託していただいたあんは、必ず幸せに致します。

| Michy | 2019/01/27 19:00 | URL | ≫ EDIT

ぐぅちゃんの御冥福を心からお祈りいたします。

いつも拝見させていただいております。
アンちゃんのお尻でねんねしていたぐぅちゃんはとても可愛いくて 目に焼き付いております。
愛しい子が逝ってしまうのを何度も経験され、Iさんの心がどれだけ悲しいか、考えると とても辛いです。
いつもいつも Iさん、Kさんの事を尊敬しております。 こんな方がいらっしゃる事を嬉しく、私も 自分のいろいろな事が落ち着いたら、何かしたいと思わして下さいました。
私も腎臓が悪く、お腹の痛みで悶える事がしばしばあり、 その時に家で飼っている犬が私の布団に入って来て私のお腹にくっついて寝てくれます。
その体温と優しさにいつも癒されて眠りにつきます。その時は本当に幸せだと感じます。
ぐぅちゃんも、きっとIさんの膝に乗って、Iさんの体温を感じて癒されていたのではないでしょうか。
どうぞ無理なさらずに、Iさんの事を みんな愛していると思います。

| 横浜 I | 2019/01/27 20:41 | URL |

ぐうちゃんのご冥福をお祈りいたします。
体調の悪い子達を保護して愛情深く育ててくださっているIさん、身を粉にして介護してこられたぐうちゃんが虹の橋を渡ってしまって身も心もお辛いことと思います。
子どもたちの世話でなかなかゆっくりはできないと思いますが、どうぞ無理をされずお体を大切になさって下さい。

| ハチママ | 2019/01/27 21:38 | URL |

ぐぅちゃんのご冥福をお祈り致します。
アンちゃんにピッタリくっついていてリラックスしたり辛い中I様に甘える姿が頭から離れません!

保護をして愛情をかけながら更に新しい家族が見つかる様にと奔走していらっしゃる中、願いが叶わず悲しい別れを何回も経験される事がどんなに辛い事か…胸が締め付けられる想いです。それでも終わりのない活動を続けておられるI様K様そのお仲間の方々には本当に感謝しかありませんm(__)m
I様大丈夫でしょうか?(としか言えないのはもどかしいですが)
色々想いは有ると思いますが、見送った子達は皆I様の愛情深いお世話に感謝していると思います。
どうかこの寒さとインフルのの猛威の中更に体調を崩さない様にご自愛ください‼

| ココママ | 2019/01/28 08:10 | URL | ≫ EDIT

Michyさん

Michyさん、コメントありがとうございます。
返事が、こんなにも遅くなってしまって、すみませんm(__)m

相変わらず、ドタバタの慌ただしい毎日を過ごしております。

アンさん、ご家族には勿論のこと、皆さんに可愛がって頂いて、幸せそうで嬉しいです。
お出かけも大好きで、来客も大好きなアンさん、公園にも連れて行って貰って、毎日ニコニコですね。
座布団に顔を乗せて「世は満足じゃ~」と言っているのが聞こえて来そうです(笑)
こちらもみんな、ブログをとても楽しみにしております♪

いつも、ありがとうございます。

| itabashinoinutati | 2019/02/11 01:19 | URL |

横浜Iさま

お世話になっております。
御返事がこんなに遅くなってしまって、ごめんなさい。
こちらこそ、いつもお世話になってばかりで、何のお礼も出来ず心苦しく思っております。

Iさん、お身体の方は大丈夫でしょうか。
辛い時に、お布団に入って、そっと寄り添ってくれるなんて・・ワンコに癒されますね。
動物たちの力って、本当に凄いです。
心や身体の痛みを癒し取り除いてくれるだけでなく、笑いも大切なことも沢山教えてくれます。
私も、ぐぅちゃんに、たくさん癒され、幸せを貰いました。ぐぅちゃんと出逢うことができて、幸せでした。

Iさん、いつも気にかけて下さって、ありがとうございます。

| itabashinoinutati | 2019/02/11 03:01 | URL |

ハチママさま

ハチママさま、コメント頂いたままになってしまって、すみません。
お気遣い、ありがとうございます。
ぐぅちゃんも口が痛かったり、身体がだるかったり、辛いことも多かったと思いますが、頑張ってくれました。
今は、辛い身体から離れて、走り回っていることでしょうね。
甘えん坊さんで、可愛い子でした。

いつも気にかけて下さって、ありがとうございます。

| itabashinoinutati | 2019/02/21 03:40 | URL |

ココママさま

ココママさん、ありがとうございます。
コメントを頂いたままになってしまって、すみません。

病気で弱っていく子達をみているのも、看取るのも、辛いですね。
ぐぅちゃんが、我が家で過ごしてくれたこと、甘えてくれたことに、心から「ありがとう」と言いたいです。
今年は、悲しいお別れをしたくないです。
いつも気にかけて下さって、ありがとうございます。

| itabashinoinutati | 2019/02/21 03:57 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://itabasinoinutati.blog47.fc2.com/tb.php/904-7f836aea

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT