FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

仔猫達の名前

ここ最近、動物病院が休みの日以外は、ほぼ、毎日の通院が続いてます。
日中に点滴をするので、朝、お願いして、夕方にお迎えに行きます。

大ちゃんの次にチビタ君で、それぞれが落ち着いてきたと思ったら、コテツです。
なんだか、続きますねぇ・・・

3匹とも、慣れたもので、病院へ着くと、嫌がることなく、それぞれがサッサと病院の奥の処置室に入ります。
処置を受けた後は、身体が楽になるのが、判るのでしょうか・・・。
病院が嫌いじゃないのは、助かります。
そういえば、こうちゃんも病院が大好きでした。

最近の大ちゃんは・・・
35A5F5EB-8E5F-49A1-BC0B-6DCBFD8582A1.jpg
視力と聴力を、全体としての体調は落ち着いています。

チビ太も・・・
IMG_3430_201908061551285d9.jpg
落ちていた食欲は、すっかり元の入れ食いに戻り、今は咳も治まっています。


そして、コテツ君の状態は、なかなか、深刻のようです。
連日の静脈点滴です。
1A8E2911-18AB-473B-AF5C-C3F846D9F2DF.jpg
肝臓の機能の回復の兆しが見えてくれればよいのですが・・・。

コテツの食事は手作り食にしていますが、やっと自分から、少しだけですが、食べるようになりました。
今日と明日と、動物病院が休みなので、静注がないので、ぐんと食欲が落ちることがないと良いのですが・・・

病院がお休みの日以外は毎日、点滴をしていますが、今日と明日は病院がお休みなので、ちょっと不安です。
何とか、回復してほしいです。


山中湖の避暑地にいるゴンちゃんとくまちゃんとボタンちゃん。

トレ-ナ-さんが、近況を知らせて下さいました。
日向は、流石に暑いようですが、木陰は涼しく、ドッグランは木陰なので、とても涼しいようで日中も走れるようです。
午後は、2時間程、扇風機を付けるだけで、後は、何もしなくても涼しいそうです。

「クマちゃんもゴンちゃんも、走り回って、とっても楽しそうです」と、トレ-ナ-さんが仰っていました。

先月末にお迎えの予定だったクマちゃんも、KNさんのご厚意で、秋口までお預けすることになりました。
goku.jpg

先月、KNさんから「ゴンちゃんと一緒に、涼しい山中湖で、楽しんで思いっきり走らせてあげて下さい」との連絡をいただきました。
少し悩みましたが、クマちゃんたちの事を考え、ご厚意に甘えさせて頂くことにしました。

我が家の今の現状では、クマちゃんに不憫な思いをさせるだけでした。
そのまま、お願いして本当に良かったです。
KNさん、いつも犬達のことを気にかけて下さって、ありがとうございます。



さてさて、お問い合わせが少なく、保護っこ達の新しい家族探しが難航するこの時期・・・
そして、この暑さ・・・・

仔猫達の保護期間も長くなりそうなので、子猫達の名前を決めました。

まずは、生後3か月位の兄妹。
この2匹は、「たまちゃん」と「ポッチ」くんにしました。
kaikyoudai.jpg

離乳位から育てた子達なので、懐こくて、人にはベタベタちゃんです。
毎日、ドタバタと走り回っています。


推定4カ月弱位の茶トラの兄妹子猫は、「きのこ」と「ピ-助」です。
tyatokyoudai_20190808144549558.jpg
2匹共、少し大きくなってからの保護なので、まだ、ベタベタに馴れているとは言えませんが、普通に触れます。
流石、猫らしく、ご飯の時間になると、その時ばかりは人懐こくなります(笑)

IMG_3714.jpg
「ピ-助」は、男の子あるあるで、ちょっとボーっとしています。

IMG_3701.jpg
女の子の「きのこ」の方が機敏で、ちょっとシャイです。


新しく保護した茶トラちゃんと黒くん。
2匹共、体調も安定し、昨日、1回目のワクチン接種をしました

ちと、障害のある推定生後2カ月位の茶トラちゃん。
IMG_3381.jpg
この子は、「まるこ」・・と名付けました。
元気も食欲もあり、ピョコピョコと跳ねまわっています。

猫懐こくて、人懐こくて、甘ったれちゃんです。
IMG_3487.jpg
抱っこが大好きなもので、夜な夜な抱っこをしていると、ついつい一緒にウトウトしてしまいます。

頂いたばかりの玩具で、楽しそうに遊んでます。
IMG_3553_20190806033327d0d.jpg
いなさん、いつもありがとうございます。
チュ-ルも猫砂もたくさん頂いて、助かりました。


そして、黒猫くん。
この子は4カ月弱くらいでしょうか。
nayosuke.jpg
病院の看護師さんが「にゃお助」と名付けてくれました。

入院が、長かったにゃお助です。
看護師さんに沢山可愛がって頂いたおかげで、人懐こくなりました。

このニャオ助君。
nyansu.jpg
ただれが酷かった口腔内は、すっかり良くなりました。
舌先は、ちょっとだけ欠損してしまいましたが、食べることには何の影響もないようです。


いつものことながら、TNRをすると、必ず、保護猫が増えてしまいます。
先日のTNR現場でも、成猫は当然リリースですが、仔猫5匹は保護対象でした。

現状は限界を超えており、今現在は、新たなTNRに着手することは不可能です。

gonyannko.jpg

その現場のキジ猫2匹も、台東区の病院にお願いしていましたが、日曜日に退院をしました。

動物病院の先生は、昔、KTさんに、とてもお世話になったと仰っていて、保護猫にとても理解があり・・・
退院時に「この子達に幸せな家庭を作ってあげて下さいね」と仰って下さいました。
本来なら、2桁を超えた治療費でしたが、半額以下にして下さいました。

こちらで、退院した子猫2匹を引き受けられる状況ではないので、無理を言って、KTさんが知り合いの方に預かりをお願いしてくれました。

カツオやがっちゃん、スネさんやいくら、アサリにセサミ姉さんに、子猫達・・・
里親さんとのご縁が繋がる日を待っている子達が渋滞しています。

3054.jpg

人間の心理で、夏は、毛のある動物が恋しくないそうです。
それでなのでしょうか・・・必ず、暑い時期は、特に猫の里親さん探しは難航します。

それにもまして、この暑さ・・・

まぁ、焦らず・・・いえいえ、程よく焦り、この子達のご縁・・赤い糸を繋げていきたいと思います。

| 犬&猫 | 17:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://itabasinoinutati.blog47.fc2.com/tb.php/957-19b318bd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT