FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

家族決定!スネさんの後に続け。

昨日は、私事でバタバタしていて、皆は、ほぼお留守番でした。

母親が体調を崩して、一昨日、ちょっと大きな総合病院を受診したのですが、処方された薬も診断もイマイチ納得できませんでした。
しかも、体調も良くならないどころか悪化したようにもみえ、昨日、他の病院を受診しました。

そこは、CT等は完備していますが、前日に受診した総合来病院より小さな個人のクリニックです。
が、検査をきちんとしてくれるクリニックです。
総合病院から処方された内容の一部に納得がいかず、そのクリニックでお聞きした所、先生も首をかしげていました。

案の定、母は、あまりよい状態ではなく、不整脈があり、心不全の状態で、肝臓の数値も3桁・・腸蠕動も少なく、経口的な摂取が無理で、緊急で入院になりました。

当日から、必要な処置受けながら、原因究明の検査が始まりました。

私は、改めて、セカンドオピニオンは大切だと実感しました。

こちらの希望や意思を、医師にきちんと伝えたり、解らないことを質問するという事は、本当に大切なことだと思います。
今後は、転院も考えていると伝えると、その時は、紹介状も書いて頂けるとの事でした。


チビタで心臓を、コテツ君で、肝臓や腸の蠕動の事を、調べたり教わったりしていたので、聞いたことのある言葉や症状などで、医師からの説明を理解しやすく助かりました。

そんなこんなで、昨日は、病院と家を何往復もすることになり、慌ただしい一日でした。
これからも、母の病院への行き来もあるので、これまで以上に時間が無くなりそうです。
保護っこ達には、しわ寄せがいかないよう、気持ちを引き締めて行かなくてはなりませんね。



さて、17日の土曜日に、正式譲渡になったプ-ちゃんのお宅へ、お貸していたケ-ジの受け取りと、ワクチン接種の証明書などのお届けに伺いました。

久しぶりに会ったプ-ちゃん、キョトンとした顔をしていました。
689F5905-5744-4300-8D60-E75ED9881EAD.jpg
開けっ放しにしていあるケ-ジですが、食事や散歩のときなどは、率先して出て来るようですが、その他は、余りケ-ジからは出てこないようです。

まぁ、家に来た時も、最初の頃は、全くケ-ジから出てこようとしなかったので、想定内のことです。
段々・・・と、ですね。

じゃ~ねぇ・・・プ-ちゃん!と帰ろうとしたら、サッサとケ-ジから出てきて、一緒に玄関までお見送りしてくれました。
E9037DF2-172C-45DD-98F1-3769239C3C97.jpg
里親さまの職業柄か、プ-ちゃんの体調の変化や食事の様子など、細かいところにも良く気付いて下さるので安心です。
プ-ちゃん、幸せにね。



さて、Kさん組のチャトラのスネさん・・・日曜日に、お見合いでした。
sune_20190820024909f36.jpg

ご夫婦で、会いに来て下さり、スネさんとあさりといくら、3匹で遊んでいる様子などを見て頂きました。
早速、お返事を頂き、スネさんを迎え入れて下さるとのことです。

3匹の中、一番乗りで家族が決まりました。
来週末に、色々と迎え入れの準備をして下さるとのこと、翌週か翌々週にお届け予定です。
トライアルは2週間・・・スネさんも、上手くいってくれる事を願ってます。

いくらも、9月にお見合いの予定です。
IMG_1549.jpg
早くも、いくら用のハンモックを新調して下さったそうです。
双方とも、良い出逢いになってくれると、嬉しいです。

あ・あ・あ・・あさりくん~、、居残り組なのかな・・。
asari.jpg
頑張ろうね。



一方、居残り我が家組の面々・・・。

人見知りもなく、ベタベタ2匹兄妹子猫。
tamacyann.jpg
たまちゃんと

potii.jpg
ポッチも・・・

元気に遊んでいます。
どっちも、抱っこすればゴロゴロ喉を鳴らし、人懐こい兄妹です。


ちょっとシャイ組の茶トラ兄妹も、前よりも、ぐんと馴れてきました。

本来は、人に甘えたい2匹のようですが・・・
何せ、我が家は、多頭飼育状態・・・なかなか手をかけてあげることが出来ません。

男の子のピ-助は、きのこよりも、甘えん坊です。
pisuke.jpg
抱っこして撫でれば、喉をゴロゴロと鳴らし、ご飯の時は足に登って来ます。

女の子のきのこは、ちょっとシャイですが、
kinoko.jpg
1匹で飼育しているお宅で過ごせば、割と早く懐くことと思います。



一方、ベタベタの甘ったれのまる子さん。
marumaruko.jpg

大きな兄ちゃん姉ちゃん達にも、容赦なくムササビのように手足を思いっきり広げて、飛びついていきます。

IMG_4224.jpg

チリリンやセサミは勿論のこと、心優しい?悪々三軍団、黒っちに、あばれる君にカツオも、ちびまる子・・じゃなかった・・・小さいまる子には、優しく接してくれています。

他の年長組の子猫達とも元気に走り回り、我が家のリビングは、毎日ドタバタと取っ組み合いのプロレスごっこです。
IMG_4115.jpg
なんだか、私は、保育園の園長さんになった気分です(笑)


まる子は、後ろ足の障害のある方を浮かせて、3本足で走る時もあったり、ちゃんと足をついたりすることもあります。
今のところは、皮膚に擦り傷とかはできていないので、少しづつ、皮膚が丈夫になっていってくれたら理想的です。

marucyan1.jpg

アンさんもそうでしたが、まる子も障害なぞ感じさせない程、勝ち気で元気なオナゴです。

確かに、キャットタワ-をよじ登ったり、後足で踏ん張らなければならない動作は苦手ですが、2階への階段の昇降などは誰にも負けません。
marumaruko1.jpg

ここで今、無邪気に遊んでいるマルコは自分に障害があるとか、ハンデがあるなんて知らないはずです。
他の仔猫と自分を比較するなんて、彼女がしているはずもありません。



昔、むか~し、この活動を始め暫くした頃、あまりに哀れな格好をした犬の募集を里親サイトで呼び掛けたことがありました。
当時、話題が集まり注目を浴びて、その犬の引き受けの申し出が数件ありました。

そして、動物愛護に熱いメ-ルを頂き、やり取りもした上で、里親さんを決めました。
素敵なマンションにお届けした際、お母さまと娘さんで、迎え入れて下さいました。


が・・その数年後、あの熱い思いを語った方とはまるで別人・・・同じ人とは思えない変わりようでした。
特にその犬が、家の誰かに危害を与えたわけでもなく、家族の不注意で、ハプニングのような事故が起きたことがありました。

その時、そのお宅のご主人は「可哀想だと思って貰ってやったのに恩を仇で返すなんて何て犬だ」と、私の横で呟やきました。


その言葉を聞いた時に、愕然としました。
自分たちの不注意で、犬が命を落としたと言うのに・・・犬のせいなのか・・。



その時から、私達の里親さん探しの基準も、変わりました。



可哀想な子・・と、一時的な感情・・・
そんな感情から、引き受けると、後々問題が起きることが多くあるからです。


実際、今、尚、ネット上で呼びかけをして、一時の感情で引き受けた後、問題が起きて、後々、悲惨な目に遭った犬猫たちも見ています。

昔々、崖っぷちの犬もそうでした。
10426357-99FB-489D-AB74-0B1710235F85.jpg
さかんに報道され、飼い主希望者多数あり、抽選で里親さんが決まりました。
2回程?の脱走の上、里親さんの体調不良という事で、またセンタ-に引き取られ、今も尚、センタ-で暮らしているとか・・・。

里親さんが決まってからの経過は、直接、かかわっていた方から聞いていましたが・・・
飼い主の体調不良という名目で、センタ-に戻されるまでの経過は・・・何とも心が痛くなります。


アンさんも、そのようなことを心配するあまり、公に里親サイトでの募集はせずにいました。
ですが、お蔭さまで、凄く素敵な出逢いに恵まれ、最高な家族が出来て、幸せな毎日を過ごしています。

勿論、「アンに障害があるから、可哀想だから」ではなく・・・

アンが可愛くて、アンの個性、アンという一匹の柴女子を気に入ってくれて、一緒に過ごして楽しみたいという思いで、迎え入れて下さいました。

そして、今、ミッチ-さんもアンも、とても幸せそうです。


まる子も、まる子の障害を憐れんで、貰ってあげるというより、

「マルコが可愛い、マルコと一緒に生活をして楽しみたい」
「マルコがいい」

そう言って下さる方との出逢いを待っています。



いくら君だって、そうです。

確かに保護当時の怪我は無残でした。
IMG_4513.jpg
そして、今は、尻尾こそ短いですが、普通の黒猫で、可愛いマル顔の子猫です。


保護っこたちは、それぞれに同情するような体験を強いられてきたかもしれません。
しかし、それは過去の事です。

今、現在のこの子達は、一匹一匹は日々を明るく元気に一生懸命生きています。
それぞれに個性があり、性格もそれぞれです。

そして、きっと、どの子にも迎えてくれるお家やご家族とのご縁があるはずです。
同情ではなく、この子と楽しみたい・・という想い。
里親様もこの子達も、幸せになれる、そんなご縁を待っています。

| 犬&猫 | 22:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://itabasinoinutati.blog47.fc2.com/tb.php/961-00a45101

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT