FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ボタンに会いに行ってきました。

最近、大ちゃんの食欲が落ちてきました。

以前は、受診し点滴をした次の日は、いつも元気になっていました。
しかし、今回は、前ほど変化がありません。

IMG_7335_20191103172008ba2.jpg
ピョンピヨン跳ねて、遊ぶ元気はあるのですが、食べるのを嫌がる時も多くなってきました。

これまでは、時間をかけてでも、自力でご飯を食べていました。
ところが、最近は、自力では食べません。

舌の動き、嚥下の能力も落ちてきたのかもしれませんが、機能的な障害というより、食欲がないように見えます。
大ちゃんの首から手をまわし、脇に抱えて、フ-ドを丸めて口の中にいれると、なんとか食べてくれます。

IMG_7352_20191103125450375.jpg

排便の予測も、全く、できなくなってきました。
外で、排便を促して上手くいくことがあったのですが、今は、30分外で促していても、全く排泄しようとしません。

他の子達の世話もあり、そうそう大ちゃんにだけ時間をかける訳にもいかず、諦めて家に入ります。
そして、他の事をしているすきに、ケ-ジの中で排便して、思いっきり踏みまくっていたりすることもしばしば・・。

そんな時は、もう大変です。
手足にお腹などを洗うのも、大ちゃんは暴れるし・・当然、足に付いた便が、四方八方に飛び散るし・・・もう・・泣きたくなります。
かといって、紙オムツは、皮膚もかぶれるだろうし・・なかなか、難しいです。

遊んでいても、左に傾いて、ついにはそのまま倒れて、フリ-ズしてしまいます。
IMG_7349.jpg

大ちゃん1匹だけなら、もっとたくさん時間をさいて世話もできるのですが・・・
一日の時間も限られているので、大ちゃんだけに時間をかけられずに、何とも、申し訳ない気持ちです。
今は、できることをやって、大ちゃんに向き合って行くしかないです。



さて・・水曜日に、ボタンに会いにいきました。
ついでに、クマ&ゴンを連れて、グラウンドにお邪魔しました。

ボタンは、まだまだ、食べるものに執着が強いようです。
元の飼い主が、ボタンを手放すきっかけとなったのも、ボタンが猫のフ-ドを食べようとしていたので、それを取り上げてからだと言っていました。

詳しい状況は元の飼い主の視点からしか聞けません。
実際に、その時に、その場面で、ボタンを変えてしまう、何かが起きたのでしょう。
過去には戻れない以上、今となっては、何ともしようがありません。


車を降りて、グラウンドに入り、「ボタ~ン」と呼ぶと、嬉しそうに跳ねてきました。


嬉しそうな、戸惑っているような表情に見えました。

お散歩が大好きなようで、特に、お散歩の前には、いつもはしゃぐそうです。
私達が行った時も、ひとしきりはしゃいだ後、「お散歩でしょ?」と言わんばかりの仕草をしていました。
12歳で白くなっている顔も、穏やかになっています。

ついで組のクマ&ゴンは、グラウンドで走ったりして楽しんでいました。
S__206348300.jpg

そして、何だか、走るよりも、マ-キングばかりしていました。
S__206348303.jpg



さて、その前日、火曜日にピ-助ときのこのお届けでした。
IMG_7251.jpg
ピ-助は懐っこいのですが、キノコが、少しシャイなので心配でした。
が・・2匹一緒に暮らすことが出きて、キノコも心強いことでしょう。

環境に慣れるまでにと、ケ-ジを用意して頂いたのですが、私の説明不足だったようで、だいぶ小さいかった。
次の日の晩、大きいケ-ジを持って行きました。

お届けの当日は、キノコの耳も、頭にピタッとくっつき、だいぶ怖がっていたのですが、次の日は、割とリラックスをしていました。
家で使っていたものをお貸ししたので、馴れたケ-ジに慣れた毛布、更に、落ち着いてくれたと思います。



そして昨日は、ひじきのお届けでした。
IMG_7106.jpg

以前、飼っていた子達も、キジの兄弟とのことでした。
お宅にお邪魔すると、お部屋が2匹の写真がたくさん貼ってありました。
とても大切にされていた様子が伺えました。

お見合いもお届けの時も、ご主人だけにしかお会いできず、ご家族に会えていません。
2週間のトライアルを終えて、正式譲渡になる前に、ご家族に会う約束をしました。

きのこにピ-助、そしてひじきと・・トライアルが無事に済みますように、願います。

まる子は、ひじきが居なくなって、つまらなそうです。
にゃお助とは、遊ぶのですが、ちょっと体が大きいので、にゃお助には敵わないようです。
IMG_7388_201911031751205cb.jpg
寂しいのでしょうか・・・昨日は、ずっと私の腕の中で寝ていました。

ホータンの慢性鼻炎の治療とピッピの肥満細胞腫の術後の経過も、そこそこ順調です。

いま、一番、気を揉んでいるのは、大ちゃんのことです。
苦しくないよう、痛くないように・・とだけ祈ります。

| 犬&猫 | 17:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://itabasinoinutati.blog47.fc2.com/tb.php/971-aa4cea55

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT