FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

クマちゃんとヤマト。

食欲が落ちてきて、間隔を空けて、少量づつのご飯を食べている、最近の大ちゃん。
11364.jpg

昨日の朝は、ス-プをかけたドッグフ-ドにそっぽを向いたので、コテツ同じの手作りフードをあげたところ、勢いよく食べてくれました。
夕方は、完食はしなかったものの、ス-プをかけたドッグフ-ドを結構食べてくれました。

普段は、ドッグフ-ドをふやかし、チキン系のス-プをかけると食べてくれますが、何種類か味の違うス-プを用意しておいて、日替わりにして食べさせています。


最近は、食後に排便をする事が多くなりました。
サ-クルの中で、クルクルと歩き回るのが、大ちゃんの排便の合図です。
が・・・うっかりして、気が付かないと、大変なことになってしまいます。

最近は上手く気づくとができて、無事に、外で排便させることが出来ていました。
ですが、昨日の朝は・・・・大惨事でした。
スヤスヤ寝ていたので、クマ&ゴンのお散歩に出て、帰ったら、大ちゃんのサ-クルの中が、今までで、一番酷いことになっていました。

そうでした。
コテツのご飯は、サツマイモが入ってたのを忘れていました。
失敗・・・・大ちゃんのお通じは、いつも以上に良くなっていたのでした。
大ちゃんに、可哀想な事をしました。

今朝は、クマ&ゴンのお散歩前に、大ちゃんを外に出すと、すんなり排便してくれました。
大ちゃんの排便のタイミングは、予測できません。

そして、まる子の「大ちゃんと遊ぼう」マイブ-ムも続いています。

大ちゃんも、誰かが入ってきて動いている気配は感じているようです。
まる子の身体が、大ちゃんに触れると、動きが止まり首をかしげて考えています。

IMG_8032.jpg

大ちゃんとまる子のやりとりを見ていると、2匹の動きがおかしくて笑えます。
お互い無垢なもの同士の、何とも不思議な、穏やかな空間です。


そして、何とも言えないのが、この微妙な空間・・クマとゴンの駆け引き??の時。

ゴンは、クマが口に咥えている物をささっと、横取りしてしまいます。

ですが、クマは、ゴンちゃんの物を横取りすることはしません。

横取りはせずに・・・
こんな感じで、ゴンが飽きるまでじ~~っと、見張って?ます。
IMG_7981.jpg

ゴンが身体を動くと、くまちゃんも身体も動かして、必ず、自分のお腹の下にゴンを置きます。

そして、待ちに待った瞬間が訪れます。

ゴンが、口から離したスキに、ササっと、銜えて頂いてしまいます。
これ・・いつもなのです。

IMG_7999.jpg
必ず、ゴンちゃんはくまちゃんのお腹の下でしか・・ガムをかんだり玩具を咬むしかないのです。

こんなことが、日々繰り返されている我が家です。

そのクマちゃんは、新しい家族が決まりました。
14日から、トライアルに入ります。
IMG_7578_20191204035341851.jpg
ちょっとお口の軽いくまちゃんなので、ちょっと心配です。
無事にトライアルが終わりますように願います。



さて、2年半に保護したヤマト君という黒猫がいました。

ヤマトに家族が決まってから、ちょうど2年が経ちました。
IMG_8058.jpg

保護当初は、お預かり頂いていたヤマトでしたが、真菌を発症し、我が家で引き取りました
そして、治療が終わり、募集を経て、里親さんと出会うことができました。

里親さんのお宅でのヤマトは、稀にみる悪戯でした。
毎月のように、写真を添えて近況を下さっていましたが、近況のLineがくると、その悪戯の酷さに、私はいつも冷や冷やしてました。

今年、4月の終わりに入院したとの連絡があり、心配していましたが、5月中旬過ぎに退院したとのご連絡を頂きました。
最近は連絡がなかったので、どうしているかと気になっていたのですが・・

先週11月29日。
ご主人から、彼女は亡くなったとの連絡を頂きました。

ちょうど2年前の11月29日は、彼女がヤマトに会いに来てくれた日です。

ご主人は仕事で留守にする事が多く、ヤマトが可哀想だから・・とのご相談でした。
「とっても聞き分けの良い、頭の良い子です。ずっと一緒に居てやりたいんですが、殆ど留守にしてしまうし、月の半分は、地方に行かなくてはならないので・・可哀想でね」と、電話の向こうで涙しているようでした。

日曜日に、ヤマトを引き取りに行ってきました。
IMG_8069.jpg

2年ぶりに会ったヤマトくんは、ふた回り位大きくなり、すっかり成猫の体つきになっていました。

当時、ある病院で、1歳を過ぎていると言われていました。、
どうみても、1歳になっていない身体つきに、遊び方や他の猫との絡み方からして1歳に満たないように感じていました。
やはり、あの頃は7~8カ月くらいだったと確信しました。

相変わらず、人懐こい子です。
IMG_8064.jpg

他の猫が駄目なコので、主人の部屋で1匹で過ごして貰ってます。
夜は、布団にもぐって寝るそうなので、1匹と一人で、寂しくないかもしれませんね。

ベタベタの甘えん坊さん、人が大好きなヤマトです。
入院中に、「ヤマトに会いたいから、早く退院したい」と言っていた、亡くなった飼い主さんも・・・
別れ際に「ごめんな・・」と、涙していたご主人にも・・・

幸せになったな・・と、安心して貰わないと・・
早く新しい家族をみつけないと、いけませんね・・。

元気いっぱいで、行動力もあり、とても明るい性格だった彼女・・・
ご冥福をお祈りします。
合掌

| 犬&猫 | 09:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://itabasinoinutati.blog47.fc2.com/tb.php/976-694b49e2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT