FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ゴンちゃん、順調に・・。

昨日は、東京の1月にしては珍しく、一日中、本降りの雨が降り続きました。
そして、当然、ゴンちゃんもコテツ君もレインコ-ト着用のお散歩でした。

S__223584258.jpg
コテツは雨が嫌いですが、ゴンちゃんは、レインコ-トを着させられようと、雨が顔に当たろうと、全く気にしません。
ただただ、お散歩か楽しいみたいです。

雨が嫌いな子が多いと、よく聞きますが、柴犬といっても、いろいろですね。


最近は、私の一日の中の、ゴンの為の時間を多く作るように心がけています。

ゴンは、保護される前、汚いケ-ジの中で365日1匹でいました。
構われることもなく、お散歩もなかったので、人とのかかわりが全くと言う程ありませんでした。

保護してからは、多頭でいることが殆どで、1匹で人と関わったことがありません。
今までは、人の指示というより、周りの他の犬を見て、真似をして行動してきていたのかもしれません。

最近、朝晩のお散歩の時に、何とな~く、お勉強になるように・・と、声掛けをするようにしています。
すれ違う人に、「この人、大丈夫?」と思われるくらい、ゴンに話しかけています。
待ってってネ・・という言葉も頻繁に使い、おいで・・というと、喜んで、きちんと近くまで来るようになり嬉しい進歩です。

go20001.jpg

家庭犬として子供のころから人と生活してきた子達にとって、耳にする「言葉」は日常なのですが、保護っこの中には、人との関わりが極端に少ない環境で育った子達もいます。

待っててねとか、おいでとか、ダメでしょみたいな日常、良く使う言葉・・。
まずは、そんな言葉から、ゴンちゃんはお勉強です。

お勉強の成果か、最近はゴンタ自身が自ら考えて行動するようになってきました。
お陰様で、「言葉」もだいぶ理解できてきたようです。

ゴンタに、密に関わるようにしているので、オンリ-犬のようになりつつあり、執着がちょっと心配ですが・・・。
柴犬らしいといえば、柴犬らしいことではあります。

今日もトレ-ナ-さんが来て下さいました。
gonntore.jpg
前回より、言葉が良くわかるようになったと、仰って頂きました。
また、トレ-ナ-さんから助言を頂きながら、関わり方を工夫したいと考えています。

大ちゃんだって、あの悪環境から、8歳の時に脱出し、そらからおトイレやお散歩を覚え、甘えることも覚え、そして言葉を勉強したのだから、きっとゴンちゃんは楽勝だよね。

20001go.jpg


さて、大ちゃんは火曜日に、久しぶりに受診しました。
以前は、1週間毎の通院でしたが、調子が良いので、10日も間をあけることが出来ています。

そして先週の土曜日は、シャンプ-をして貰いました。
いつものように、横になって寝ながらのマイクロバブルとブロ-でした。

スタッフのたまちゃんが居たので、お任せしちゃいました。
4C6A3AFC-F7B4-4D05-A505-27892AC25B21.jpg
ガサツな私と違って、たまちゃんが優しく頭を支えてくれていました。

B1E8B216-E9D9-4080-866B-0A1D8426B120.jpg

シャンプ-が終わり、お店の中で立っていた大ちゃんは、元気になったホ-タンにスリスリされていました。
C7F0312D-FD3E-4BE1-82B0-801C921230E6.jpg

大ちゃんの事は、まる子も大好きです。

種を超えた穏やかで和やかな関係って、良いですね。


さて、入院していた外猫ちゃんは、先週の水曜日に避妊の手術が終わりました。
レントゲンやエコ-でははっきり判別できなかったそうですが、開腹してみたら、妊娠初期だったそうです。
あの体調で出産育児となれば、子猫はもちろん育たなかっただろうし、母猫のいのちも危なかったと思います。
捕獲して治療ができて良かったです。

8E66D9FF-B685-4F1A-9DF1-20A83B80E697.jpg

失明しているであろう片目は、医療用の接着剤で閉じ、眼帯の様にして頂きました。
2週間ほどしたら、自然に取れます。

外猫は、ご飯さえもらえば、外で跳ねまわり自由で良いという考えの方も多くいます。
が・・東京で生きている外の猫たちの状況をみていると・・・何だか、切なくなります。


外猫と言えば、セサミも、お外で暮らしていた子です。
なので、さくら耳カットをしてあります。
sesatya.jpg
お爺さんが住んでいた広い敷地内で、ご飯を貰っていたそうですが、その家が取り壊しになるという事で、、知り合いが保護しました。その知り合いのお宅も、50匹を超える猫を保護しているので、猫を、少しずつでも減らせればと思って、セサミを預かりました。

セサミを引き取る日、おトイレに入ったセサミを見ていたら、下痢便でした。
恐らく、そこにいた頃からお腹が弱く、すぐに下痢をしたり血便になったりしていたと思います。

その後、検査機関で便を調べて貰ったり、血液検査をしたりし、治療もしてきました。
家に来てから、様子を見ましたが、約1年、下痢も血便もありません。
食べ過ぎや、おやつの選択にさえ注意すれば、大丈夫なようです。

人懐こく、猫にも懐こい世渡り上手のセサミちゃんです。
多頭でも1頭飼育でも、どんな状況でも臨機応変に、対応できます。
そして、我が家でも、ボス的存在のあばれる君や黒っちとも、卒なく、仲良くしています。
kurottisesa.jpg

あばれる君は、そんなセサミ姉さんが大好きなようで、ふくよか仲間のメオトになっていたのですが・・・
昨日は、黒っちにセサミ姉さんを取られてしまった?のか・・・オロオロして回りをウロウロしている姿が、何とも可愛らしい姿でした。

abarerusesa.jpg
何度も、セサミと黒っちを覗き、そこに入る余地がないと判ると、外を見に行ったり・・・他の場所に行ったり来たり・・・(笑)
哀れなあばれる君の様子には、申し訳ないのですが、笑ってしまいました。

そんな、なかなかのモテモテのセサミ姉さんです。
そんなセサミさんは、空腹時はエリカさまになってしまうので、空腹時は取扱注意の姉さんです。


明日は、お支払を兼て、ボタンに会いに行ってきます。
明日は、温かいと言う天気予報でしたが、八王子は寒いのかなぁ。
ボタンの様子・・どうなのでしょう。

| 犬&猫 | 23:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://itabasinoinutati.blog47.fc2.com/tb.php/986-1a5ab8c7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT