PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

近々、みんなトライアルへ・・。

お陰様で、サァちゃんとテツ丸に、新しい家族が決まりました。

ヤンチャなテツ丸は、もう少しだけトレ-ニングをしてからのお届けをお願いしました。
天真爛漫で明るい子なのですが、落ち着きがないで、少々心配です。

手足を拭くのも落ち着いて出来るようになりました。

テツ丸は、急にピョンピョン跳ねたり、意味不明な動きをします。
なんか、ドンくさくて、少々間抜け・・・

憎めない可愛い男子です。
5923.jpg
テツ丸君、日々、勉強中。
頑張れ!!




サァちゃんは、無事に避妊手術を終えて、先週の土曜日に退院しました。
入院中は、とても良い子だったそうです。

病院へ行くときのサァちゃん。
18057.jpg
おりこうさんに、楽しそうに外を眺めていました。


そして退院の時のサァちゃん。
18263.jpg
ブスっとした顔をして、車に乗ると直ぐにふて寝していました。


サァちゃんは、落ち着きがあって、物静かですが、結構、気の強い女子です。
お散歩中、他のワンコと挨拶は出来ますが、多頭飼育には向いていません。
懐こくて、人には従順、一緒に暮らすのには、ハナマルです。




さて、飼い主が亡くなってしまい保護したパピヨン君。
パピヨン君も、近々、トライアル予定です。

先日、動物病院で、検査とトリ-ミングをして頂き、フワフワになりました。
88807.jpg

心音・血液検査の結果も、異常なしとの事でした。
時々、少し、コホッと咳をするそうなので、念の為に来週、レントゲン検査をする予定です。

13歳と、高齢ですが元気な子です。


3匹共、無事にトライアルが終り、幸せを掴めますように・・・




そして、大ちゃんもシャンプ-をして、フサフサになりました。
6121.jpg

アレルギ-もあるので、油がなかなか落ちず、、3回程、ゴシゴシと洗いました。
キッチリと油が落ち、ドライヤ-時間は短かく済んだので、ちょっと楽でした。

このまま、あんもシャンプ-・・・と思ったのですが、余力がなく、また今度ということにしました。


そのアンさん、最近チンピラ街道まっしぐらです。

お散歩では、大ちゃん、たぁ君、チビコに絡み・・・

そして、ドア越しに、テツ丸にイチャモンをつけています。
[広告] VPS

最近のアンのあだ名は「チンピラむすめ」・・です(-_-;)

IMG_6166.jpg

| | 17:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ワンコ達のクリスマス。

Merry Christmas

Merry Christmas201512

いつも、温かいお気持ちを有難うございます。



ココママさん、ワンコ達に、クリスマスプレゼントをありがとうございます。
prezennto.jpg

早速、アンが遊んでいました。
IMG_4617.jpg IMG_4616.jpg
というより、大ちゃんにとられないように、隠していました(笑)



A・Mさま、ありがとうございます。
IMG_4684.jpg
クリスマスケ-キを頂きました。


毎年、2個買うのですが、今年は、一つ頂いたので・・・
いつものように、Mさんのお店に、1個、お願いしました。
IMG_4681.jpg

ワンコ用のケ-キは、こちら↓
http://members3.jcom.home.ne.jp/patisserie-renard/

どれも、美味しいケ-キばかりです
土・日限定のキッシュも美味しいですよ~。


ワンコたちは、昨日のイブに、ケ-キを食べました。

こうちゃん、食べる勢いが激しすぎて、写真がブレブレ。
95600.jpg
昨年「今年で最後かな・・クリスマスケ-キ」なんて言ってたのに・・・
今年も、クリスマスケ-キを食べることが出来て、嬉しい。
凄いな~こうちゃんって!


モモコも・・・。
95598.jpg
美味しそうに食べてました。


こうちゃんとモモコに、ケ-キを届けた後、我が家のワンコ達も・・・。
688.jpg

あんも、凄い顔で食べてました。
711.jpg

みんな、美味しそうにパクパクと食べていました。

IMG_4699.jpg
美味しかったね。


そして嬉しい事に、私の母が、あんへ、クリスマスプレゼントをくれました。

95670_20151225222654f40.jpg 95605_20151225222652943.jpg

車椅子・2号車です。
4643.jpg
ピッカピカ♪良かったね~。


| | 22:47 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

幸せ第一弾、そして感謝・・

毎日の日課・・・・

ほぼ毎日のように、同じ電柱をクンクンとする3匹。
93927.jpg
何の匂いがするのでしょうか・・・。

ダイちゃんは、どの匂いにも興味がありません。
93929.jpg
マ-キングなんて、一度もしたことがありません。



さて、幸せ第一弾・・・

2010年から、家族のもとで暮らしている賢ちゃん、とっても幸せそうな優しいお顔です。
67118.jpg

さて、その賢ちゃんのお宅で過ごしているクロちゃん。
賢ちゃんとモナカちゃんにも、すっかり馴染んでいる様子です。

毎日、お庭で、楽しそうに走り回っているようです。
66993.jpg

今日は、尻尾をブルンブルン振って、ムニャムニャとお喋りを始めて、家族を呼んだそうです。

お喋りケンちゃんから、「こうやって、喋るんだよ」って教えて貰ったのかしら(笑)
66996.jpg

そして、モナカちゃんのお鼻に付いていたご飯を、ペロッと舐めたそうです。
モナカちゃん、、ビックリしたでしょうね
66994.jpg
仲良く暮らしているようで、ホッとしました。

モナカちゃんが激しすぎて写真が撮れないので、3匹一緒の動画を送って下さいました!
[広告] VPS


幸せそうで、すっかり、家族の一員になってる様子、本当に良かった。



そして、賢ちゃんのお宅のお隣で暮らしている「クリちゃん」。

先日のクロちゃんのお見合いの帰りに、トレ-ナ-さんも一緒に、お隣に住むクリちゃんに会って来ました。

久しぶりに会うクリちゃんは、一段と、穏やかな優しい顔になっていました。
kurichn.jpg

トレ-ナ-さんご夫婦が声を揃えて「穏やかな顔・・幸せになると、こんなに優しい顔になるんですね」と仰っていました。


ちょうどお散歩に出かける時で、近くのドッグランへと行くとのことでした。
IMG_3949.jpg
小型犬たちと仲良く遊ぶそうです。

クリちゃんは、後、1日遅かったら、この世にいなかったし・・・

クロちゃんは、暗い顔してずっと繋がれっぱなしで、そのまま、どうなった事やら・・・
考えるだけで、恐ろしくなります。

幸せになって、本当に良かった。
本当に、ありがとうございます。



またまた、長くなりそうなので、第2弾は、また次回に・・・。




~ご支援、有難うございます。~~

オムツやペットシ-ツ、フ-ド・毛布・ペットマットのご支援、有難うございます。
ヨウちゃん、こうちゃんも、沢山のオムツを頂き助かりました。

ヨウちゃんに、ペットベットにフ-ド・お尻拭きなど、こうちゃんにオムツにペットシ-ツ・毛布にペットベットをお届けしました。
そして、ペキニ-ズちゃん達にも、ペットシ-ツ・シャンプ-などお届けしました。
本当に助かります。
IMG_4269.jpgIMG_4270.jpg
IMG_4005_20151219003907a75.jpgIMG_4015.jpg
IMG_4272.jpgIMG_4285.jpg
IMG_4286.jpg93511.jpg

美味しいリンゴも、御馳走様です。
みんなで分けました。
93521.jpg

写真の他にも、子猫のフ-ドに、おやつ・ペットシ-ツなど、沢山のご支援を頂きました。
ご支援・応援下さいまして、心から感謝申し上げます。

93524.jpg

ありがとうございます。

| | 01:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小さなヨウちゃんと大きなこうちゃん。

昨晩、ブログを更新しようと、テ-ブルに向かったのですが、足を延ばせません。
テ-ブルの下に、みんな大集合・・・。
mitudo.jpg
空いてるところに足を置くしかないです(笑)


さて、先日お邪魔した素適な空間。
tmosannti.jpg
洋裁の教室もやっておられる、前向きで素敵なT子さんのお宅です。

T子さんと猫が縁で知り合った友人は、色々と動物の物を作って頂いているとの事でした。
今回、友人は、猫のキャリ-バック、私は、抱っこバックの制作をお願いしていました。

友人が頼んだキャリ-バックは、癲癇発作を起こす猫の為のものです。

伺ったその日も、その猫を連れて来ていました。
89073.jpg
彼女の名前は、ヨウちゃん。

癲癇発作がおきると、その小さな体が、まるでピンポン玉のように飛び跳ねてしまいます。
そのためヨウちゃんは、体の保護のため犬用のソフトケ-ジで一日を過ごしています。
89066.jpg
痛くないように、ケ-ジの中は毛布敷き詰め、保護のための工夫がしてあります。

それでも、過去の発作の激しさに、鼻の頭はこんなに擦り切れてしまっています。
youcha.jpg


ヨウちゃんは、昨年の2月、取り壊される家の敷地から兄妹と共に保護されました。
このとき彼女は、生後5ヶ月くらいでした。

ヨウちゃんの身体はあまりにも小さく、体重は兄妹の半分しかありませんでした。
トイレも覚えないし、あきらかに、体型や動きにも違和感がありました。
兄妹達は、何も問題もなく、普通に過ごしています。

私たちは「どうしてなんだろうね」・・と、話していました。

保護して一年半が過ぎようとした、今年の夏ころから軽い癲癇発作を起こすようになりました。
日を追うごとに、発作を起こすことが多くなり、秋には、一日に数回の発作を起こすようになってしまいました。

MRI・CT・血液検査・あらゆる検査をしましたが、FIPでもなく、脳にも異常がないと診ていただいた獣医師は言います。

ここ1ヶ月、日中はかかりつけの病院、夜間は救急病院へと、ほぼ毎日のように通ってます。
ヨウちゃんは、小さな小さな体で、すべてを受け入れ今日も生きています。

先週、30日の朝、これまでにはなかった長い大発作が起きてしまいました。
「今、処置はして貰ったんだけど、長い時間の発作だったから、脳にもダメ-ジがあって、意識も戻らないかもしれない」と医師に言われたとの電話がありました。
そして、その日の夕方、担当医から「もうこれ以上することもない」とも言われ、ヨウちゃんは自宅に返されました。

「はっきりと意識が戻らない・・・もう、駄目かもしれない」
「帰宅したのはいいけど、水も飲めない、ご飯も食べれない・・・どうすれば良いんだろう」と、世話をしている友人は悩んでいました。

次の日、病院へ行くと、担当医が休みで、他の先生が、対応して下さったそうです。
座薬から注射の鎮静剤に変えてくれ、家での過ごし方と接し方も教えてくれたそうです。
彼女も「どうしようかと思っていたけど、ホッとした」と言ってました。

それから毎日、朝、病院に預けて夕方のお迎えで、対症療法を続けました。
辛くないように、苦しくないように、可能な処置をしていただくことしかありませんから・・。
救いは、癲癇発作は見ている方は慌てますが、本人は意識がないということ。
苦しくもないし、痛くもなく、記憶もないのです。

お陰様で、昨日から、ヨウちゃんの意識もはっきりしてきたそうです。

そして、嬉しいことに、お水も自力で飲み、ご飯も食べるようになったそうです。
youmizunomu.jpg
何とか、大発作以前の状態に戻ったようです。

なぜか、30日の大発作のあと、連日起きていた癲癇発作が、起きていないそうです。
「嵐の前の静けさなのかな・・なんか怖いね」と、話していました。

you.jpg
小さいオムツを付けている、小っちゃなヨウちゃん。

無垢で健気なヨウちゃんの大きな瞳に、ジッと見つめられると、胸を締め付けられる思いでした。
ギュッと抱きしめたくなります。
一番つらいのは、ヨウちゃんを看ている友人です。

治るものではないでしょうけど、出来るだけ苦しまないで欲しい・・。
そして、ちょっとの時間でもいいから、のんびりした感覚とか、嬉しい感覚、楽しい感覚を感じてほしいと願います。



お陰さまで、こうちゃんは、調子が良いようです。
調子も良く、食欲も旺盛、昨日は、通院もお休みしました。

koou_20151205163548a2f.jpg

ドライフ-ドもバリバリ食べます。・・・凄いよね。
お尻の粘膜が爛れて、出血してしまうので、刺激しない様にしているようです。
自力で便も出るし、下痢便でもなく、良い便だそうです。

今は、足腰に力も入らず、歩く事はできません。
カシャカシャの音に「美味しいもの?」と顔をあげます。
病院への移動の際は、オムツが必須です。

こうちゃんのオムツを買ってあったのに、持って行くのを忘れていたら「もう無いよ」との連絡がありました。
一昨日、急いで持って行きました。
でも、ま抜けな私は、オムツパットを自宅に忘れてしまいました( ;∀;)


小さなヨウちゃんも、大きなこうちゃんも、頑張って、その時を生きています。
そして、2匹を看ている彼女たちも頑張ってます。


小っちゃなオムツと、大きなオムツ。
youomutu.jpg kouomutu.jpg

「SS」及び「LL」のオムツのご協力を頂くと助かりますm(__)m
送り先につきましては、お手間を取らせてしまうのですが、メールにてお問合せくださいませ。
どうぞ、宜しくお願いします。





| | 11:36 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

素敵なフォトブック。

一昨日の木曜日は、アンの受診でした。

いつものようにルンルン気分で出かけましたが、、、
いざ、病院の駐車場に入ると「ギョッ」という顔(笑)

20151015.jpg
降りるよ・・と言ってるのに、嫌々顔でした



先日、みんなのご飯を用意していると、あれ?みんな立ってるぞ・・・っと。
gohannmae.jpg

みんな揃って立ってる・・・と、思わずカメラを向けました。
寄りかかりながらも、アンはずっと立って待っていました。

gohanan.jpg

早いもので、手術から、ちょうど一年が経ちました。

こんな姿を見れるのも、手術を受けることが出来たお陰です。
皆さまの温かいご支援・ご協力あってのことと、心より感謝しております
ありがとうございます。




アンと病院から帰宅すると、ポストに不在届けが入ってました

ミッチ-さんが作って下さった、フォトブックが届いたのです。
http://shibamikan.blog.so-net.ne.jp/2015-10-14-1

急いで、配達の方に連絡すると、夕方には届けてくれるとの事でした。

届いた荷物をワクワクしながら開きました。
フォトブックをみて、素敵過ぎて、感動し涙が出て来てしまいました。

そこには、可愛いフクちゃんもいました。

fothuku.jpg



今年6月、ミッチ-さんが保護っこ達に、会いに来てくださり、その時に撮って頂いた写真を何かの形にして・・と仰って下さり。
どのようなものなのか、よくわからないまま、お任せしてしてしまいました。

フォトブックを手にして、これを制作するには・・・大変な時間と労力が必要だったでしょう
勿論、材料費もかなりかかったと思います。

ここまでこの保護っ子たちに心を寄せてくださった事、胸が熱くなりました。

とてもありがたく、本当に嬉しく思ったのと同時に、こんなに立派なフォトブックを制作するのは、大変だっただろうと思いました。
こんなに応援していただいて、なんのお返しもできずに、とても心苦しく思いました。

お礼のメ-ルを送らせていただいたところ・・

「今回の件、最初から私の出来る範囲で計画したことですから・・・」とのお返事をいただきました。

何と言ってお礼を言えば良いいのか・・・。

こんな素敵なフォトブックを作って下さって、本当に有難うございます。
doog.jpg

フォトブックのお申込みも、かなり頂いていると聞きました。
ミッチ-さんをはじめ皆さまに、感謝の気持ちでいっぱいです。

本来ならば、皆様にお礼を述べなければならないところなのですが、失礼ではありますが、この場を借りて感謝の気持ちを伝えさせていただきます。
心から感謝いたします。
本当に有難うございます。



こうちゃんですが、とうとう立てなくなってきたそうです。

こうちゃんは、立っていることが困難になった為、オムツを付けることになりました。
IMG_1666.jpg

下痢も酷く、カルシウムも上がっていないので、パラディアを中止してみることになりました。
今は、下痢が一番つらいことでしょうから・・・。

毎日の治療費も、ままならないのに・・パラディア買うお金がない・・でも買わなきゃ・・
と思っていた所、服用一時中止のお知らせでした。

正直、パラディアを買わなくて良い事に、心の中でホッとしてしまいました。
本当に、情けない話です。
こうちゃん、ごめんね・・(;_;)

でも、皆さまのお蔭で、こうちゃんにも、必要な治療が続けられそうです。
ありがとうございます。

相変わらず、病院が好きなこうちゃんです。
カサカサ・・の音に「ん?美味しいもの?」と、顔をあげているそうです。




| | 18:40 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT