PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

保護っ子のこと・・またまた、長いです。

あんさん、後ろ足のダラダラ歩きのお散歩を続けて、もう4日目になります。
[広告] VPS


今、使っている車いす。
不具合なところを何とか直したり、お尻を支えている紐を調節したりして、アンもなんとか足を動かして歩いていました。
先週末までは、何とか足を動かしていたのですが・・・
ここ数日間、どう調節しても、足を引きずってしまいます。

なので、新しい靴も、1回のお散歩で穴ぼこがあいてしまいます。
車いすは、アンのお散歩には必需品なのは、わかっているのですが・・

預かっていただいている犬猫たちのお預かり費用・医療費・・訓練費用。
TNRも続き、出費が嵩んでいる今、アンの新車は、もう少し待ってもらうこととします。

せっかく丈夫そうな靴も教えて頂いたのですが、引きずって歩くため、消耗が激しくて・・・
仔猫のワクチン1回分の価格・・・
今履いている靴の穴ぼこをみると、とてもじゃないけど買えません

おサボりなのか・・車いすの不具合で足を動かしにくいのか・・。
IMG_5046.jpg
アンちゃん、もう少し真面目に歩いてね~



さてさて、先週末は、一日が長く感じる日が続きました。
そして、今週に入ってからは、毎日、病院通いです。

先週。
地元の友人から相談があり、母猫の避妊と子猫の保護をすることになりました。
その敷地にはアパ-トと大家宅があり、大家さんが、猫嫌いとのことで、心配だとのことでした。

水曜日の午後は、猫の受診があったので、午前中に現地に行ってみると・・・。
母猫と子猫は4匹と聞いていましたが、行ってみると、実際には3匹しかおらず、辺りを見回すと、1匹はすでに亡くなり、無残な姿で横たわっていました。

状況を調べたところ、その敷地では勿論のこと、近隣でも、猫にご飯をあげているお宅はなく、母猫は、どうも少し離れたところまで、ご飯を食べに行っているようです。

お腹が空いていたようで、母猫は直ぐに捕獲できて、

8CC912F1-2851-4342-90B5-D845AC7BE523.jpg

仔猫も土曜日までに、雄猫2匹は捕まりました。

67499491-44AD-4F1C-9CA7-FDBD5D5BA930.jpg


最後の1匹がなかなか捕まらず、何度も現地に行き来しました。
母猫も兄弟もいないし、ちゃんと食べているか、脱水していないか、心配なことばかり頭をよぎります。

土曜日の夜遅くに、様子を見に行くと、雄猫が子猫の隠れているだろう場所に向かい、威嚇していました。
さぞ怖かったでしょう。

気が気ではなく、眠れない夜を過ごして、日曜日の朝、何とかやっと捕獲できました。
ほっとしました。
73B4AAC9-ECB3-4204-A102-0E22BB1B381F.jpg
なかなか捕まらないと思ったら・・・やはり、メス猫でした。
子猫なのに賢いです。



今年は、久しぶりに子猫のいない春だね・・・なんて、話していたのですが、ゼロというわけには行きませんでした。
酷い猫風邪をひいているので、健康状態の回復を待ってワクチン接種です。

今回の捕獲は、以前の捕獲を思い出してしまい、いつもとはちょっと違いました。
保護が後になってしまい、せっかく保護できたら、すぐに看取ることになってしまった・・ボぅちゃんの事を思い出してしまい、いつもより、身体に力が入ってしまいました。
ボゥちゃんの後悔を繰り返したくない、その一心でした。


ボゥちゃんもそうでしたが、保護っこ達は決して良い環境では暮らしていません。
栄養状態も悪いし、お布団や毛布があるわけではありません。

人に飼育されている状態と比較して、免疫が落ちていることは当然のことです。
伝染性の病気など、すぐに感染してしまうでしょう。

以前、カリシウィルスで大変な思いをしたことがあります。
どんなに気をつけていても、カリシの感染力には翻弄されました。
保護っこ達に手を出している以上、仕方のないリスクです。

それからは、ワクチンは早めに接種するようにしています。

そんな状態に向き合う唯一の対策は知識かもしれません。
病気や身体の仕組み、細菌やウィルス、お薬のことなど・・・解らないことだらけです。

それでも、新しいことに触れるたびに勉強させてもらい、やたらと怖がることも少なくなりました。
怖い病気のこともいろいろ学ぶと、対応も工夫できるかもしれない。
調べたり、先生に教わったりして、もっと勉強しなくては・・・と、いつも思います。


一番長く迷惑をしているのは、たくさんの猫と触れ合ってきた、チリリンかもしれません。
辛い過去を持っている保護っこ同士だ!
tiritirir.jpg
お互いさまだよね・・・いろいろあるけど、チリリンには迷惑かけているけど・・・いいよね。


仔猫は3匹共、今はまだ目もクシャクシャで目薬と内服薬が必要です。
でも、治ったらきっと可愛い顔になるよ~。

この子達に、素敵な良い縁がありますように・・・。





こちらは、新しい家族を緊急募集のイタリアングレーハウンドのマーク君です。
IMG_4984_20180530025041c5a.jpg

飼い主の体調が悪く、昨年10月に、ペット不可の現在の親族所有のマンションに引っ越してきました。
足音が五月蠅いと、下の住人から苦情が出たのがきっかけで、ここ最近、マンションの自治体で大騒ぎになり、犬を手放さなくてはならなくなったとの事です。

22日に、去勢手術の後、1週間病院へ入院していました。
今日、29日の退院で、こちらに引き取り、Kさんのお店で過ごしています。



入院前に、掲載の写真を撮りに出向き、飼い主に、イタグレ君の性格などをお聞きしました。
IMG_5001.jpg

その際、事情を色々とお聞きしましたが・・・
寂しさからか、後々のことも考えずに購入し、必要な医療行為もせずに8年間、我流で飼育し、身勝手な理由で手放す、、という感じに思えてなりませんでした。
淋しい時を一緒に過ごしてきたマ-クなのですから、最期まで、一緒に暮らすことを考えて欲しかったです。


ボタン同様、この子は、この年齢で、飼い主から捨てられたという現実を受け入れてくれるまでが大変でしょう。
D7584B8D-E28D-4C99-B8C1-F91E5268C370.jpg
不安だよね・・・状況の変化が受け止め切れていないようです。


マ-クもボタンも頑張れ!
これからの幸せを掴むためのステップです。
残りの犬生、目一杯、幸せにならなくては!


さて・・・嬉しい報告もあります。
チワワ君は、内服治療をしてそろそろ2週間が経ちます。
473797EE-946A-4FE0-9857-8F6F536CB0F5.jpg

劇的に心臓の状態が改善していました。
前立腺肥大はあるものの、ここであわてる必要もないので、もうしばらく内服治療をすすめてからベストの状態で去勢手術をすることになりました。

とりあえずは、ホッとしました。

チワワ君の日常を見ていると、十分、可愛がられて飼育されていたように感じます。
迷子になっても探さないのかな・・・と、何だか不思議に感じます。
棄てたのでないのであれば・・何らかのアクシデントで逸れてしまったのであれば・・真剣にさがして欲しいです。

ボタンもマークも、浅はかな人間の犠牲にかっているようにしか見えません。
「いのち」に関わるという意味をよく考えてから、犬猫の飼育を始めて欲しいと、切に願います。

動物の飼育が許可制になれば
「様々な条件を満たして、はじめて認可されて飼育できる」
そんなシステムにすれば、不幸な動物は少しは減るのではないのでしょうか。

動物愛護と管理の法律の改正時期が近い今、
民の声は、国には届いてないのだろうか・・・・





| 犬&猫 | 16:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チワワの心臓とボタンの手術。

一時は柴犬ハウスとまで揶揄されていた我が家・・。

mesimae.jpg
以前、柴4匹で散歩してた時に、知らない男性に急に話しかけられ・・
「柴犬をたくさん飼っているようですが、貴女は、柴犬が大好きなのですか?」と、聞かれたこともありました。

好きで柴犬を集めたわけではないのですけど・・・(笑)


今日は、自転車に乗った女性の方に「喧嘩しませんか」と、急に話しかけられました。
何のこと??と話を聞いていたら、4歳の柴犬と次に飼ったジャックラッセルテリアが、どうしても相性が悪いそうで、大変な思いをしているそうです。

「柴犬は、多頭に向いてないかもですね・・次に飼った子も、犬種が違いますし・・なかなか難しいですよね。プロの方に相談した方が良いと思いますよ」と、お答えしました。


我が家も、何もなかったわけでもなく、それなりに、大変なこともありました。
お散歩や食事、お薬の管理なども大変でしたが、一番神経を使ったのは、小競り合いの防止でした。

生前のチビコとアンも大変でした。
同性同士の柴犬・・ちょっとした小競り合いから、よく、本気の喧嘩に発展することもありました。
とにかく気の強い、メス2匹ですから、仕方がありません。

あのおっとりのたぁくんでさえ、時々、他の子といざこざを起こすことがありました。
多頭飼育では、犬同士の距離が近い時は、こちらがそれなりに気を使い、神経を使っています。

特に、柴犬絡みの多頭飼育は厄介です。
我が家のコテツは神経質な雄犬なので、うるさいことを極端に嫌います。
kocya.jpg
本気咬みの心配もあり、2階の私の部屋で過ごしています。
間違っても、他の犬や猫と接触がないようにしています。


我が家の犬たちは、殆ど保護っ子達です。
もし、咬んで怪我をさせてしまえば、咬まれた方も可哀想ですが、咬んだ方も「咬みついて怪我をさせたことがある犬」という過去を人の不注意で作ってしまいます。
里親さまたちへの橋渡しの期間に、そんな心身の傷を付けたら、もっと可哀想ことになってしまいます。
関わった人間の責任って、重いもの・・・なので、状況によって訓練士さんにお願いしています。

今は頭数も大分減り、コテツも年を取って丸くなってきたので、以前ほどは、神経も使ってはいません。

IMG_4816.jpg
が・・・アンも柴犬。
独りでの時間を大切にする柴犬にとっては、チワワ君のチャカチャカした動きが、気に入らないようです。

普段、チワワ君は、ケ-ジで過ごさせています。
お客さんや親族の訪問時に、2~3度「キャン」と吠えるのですが・・・
アン様としては、ど-しても、それが許せないようです。

吠えると直ぐに、アンが飛んで行って「うるさい」とでも言っているように、チワワ君に怒ります。

C31EAA83-76BF-4C22-AFC7-CBF1929F7BB0.jpg
暫く、ケ-ジの前に張り付いています。
なかなかどうして・・・気の強いアンさんです。



さて、そのチワワ君。
S__90423303.jpg

時折、咳もあり、胸を触ると拍動を強く感じました。

私は、小型犬にはあまり接触する機会も少なく・・・こんなものなのかなぁ~?なんて思っていました。
そもそも、ここに来る前は病院に保護されており、聴診器も当てているわけですし、健康状態は大丈夫ということで来ています。

でしたが・・なんか、気になったので、受診しました。

なんと・・・検査の結果、心臓がかなり悪いことが判明しました。

僧帽弁膜症との診断です。
血液の逆流が かなりあって、心臓自体もかなり肥大しているとのことです。

幸いなことに、血液検査では、腎臓の数値や他も正常とのことで安心しました。

心不全の内服治療を開始です。
そして、暫く安静が必要で、お散歩も控えめにしています。

tiwadai.jpg

こちらに来る前に、フィラリア検査と健康診断をしていて、問題なしとの事でしたが、改めて、先方の病院にお聞きしてみました。
心雑音はあったそうですが、そんなに問題のあるほどではなかったとの回答でした。

何も知らずに、お散歩をこのまま普通にさせていたら、と、思うと、ぞっとしました。

検査では、チワワ君の心臓の腱索は、断裂が、いつおきてもおかしくない状態だと言われました。
断裂したら、症状はいっぺんに悪化し、肺に水がたまり、心不全で死に至る可能性が高くなります。

このチワワの元の飼い主・・・心臓の悪いことを知っていたのでしょうか。
迷子になっても、探してもいない様子・・・もしかしたら病院にも行っていないかもしれませんね。



お蔭さまで、先日16日、ボタンの子宮蓄膿症の手術も無事に終わりました。
147D7776-820F-4347-9467-E64D65E938E2.jpg

子宮蓄膿症の状態は思っていたよりもかなり酷く、当初の予定より大変な手術になったそうです。
子宮内部は腫瘍化し、組織も固くなっていたそうです。

その為、長い期間、ホルモンが出っ放しになっていたそうで・・
おそらく、イライラして攻撃性も、その為だったとも考えられるそうです。

何ということでしょう。
ボタンの性格ではなく、病気のせいで、ホルモンバランスが崩れ、感情コントロ-ルが難しい状況になってしまっていた、、ということです。

ちゃんとした医療行為を受けさせていれば、定期的にでも病院へかかっていたのなら・・・避妊を早くしていたら・・こんなにはなっていなかったことでしょう。

ボタンは、1ヶ月もすれば、体内のホルモンバランスも落ち着くそうです。
ボタン、貴女は全然、悪くないよ。それよりも、辛かったね。

ボタンもそうですが、チワワ君も、ここまで進歩している医療の恩恵を受けられずに来たなんて、不幸なことです。
ある程度の医療行為を受けさせることができないのなら、動物の飼育をしないで欲しいです。

ペットショップで動物を販売する事態、私は、反対です。
もし、販売するのなら、購入金額だけではなく、飼育していくのにかかる費用も、しっかりと説明するべきだと思います。

確か、今の動物愛護法には「説明義務」が明記されており、小さな文字で書かれた用紙に「説明を聞いた」という「サイン」を求められるはずです。
10年前はなかった??からでしょうか。ボタンもチワワ君もその頃でしょうし・・・

無責任な人間のいい加減なかかわり方で、動物が不幸な状況に置かれるのは、腹が立ちます。




さてさて・・ノルウェイジャンミックスちゃん。
里親さまに無事にお届けし、14日からトライアルに入りました。

gozyaru.jpg

初日から、問題勃発・・・なんと、ソファでのおトイレの失敗をしてしまったそうです。
心配でしたが、里親さまも、色々と工夫をして下さっています。

気さくで、おおらかな里親さまです。
トライアル2日目に「昨日は、排便をトイレでしました、一歩前進です」と仰って下さいました。
ホッとしました。

動画を頂いたのですが、玩具で遊んでいる様子は、家にいる時より、生き生きと楽しそうに見えました。
1匹で、ゆったり過ごすのが好きな子です。
他の猫もいない環境なので、のんびりしているようです。

今は、おトイレの失敗もないそうです。
トライアルが無事に終わりますように。。

| 犬&猫 | 02:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

決まった子と、アンの車椅子。

今週は二つ、嬉しいことがありました。

まずは、一つ目。
ビ-グル君・・新しい家族が決まり、昨日からトライアルに入りました。

sukipuran.jpg

新しい名前は、「ロビン君」です。

そのお宅で、昨年亡くなってしまった愛犬も、ビ-グルだったそうです。
ビ-グルの特徴をよく理解して下さっているので、安心です。

昨日は、室内で何度か粗相をしてしまったそうです。
環境の変化は2度目です。
不安だったのかもしれませんね。

今朝は、きちんと、ベランダに敷いたペットシ-ツで、おトイレを済ませたと聞きホッとしました。。
お散歩でも、ご近所の他のワンコ達と仲良く出来たという話を聞き、一安心しました。

犬思いの優しいご家族です。
ロビン君も、賢い明るい子だから、きっとうまく適応していってくれるでしょう。
幸せは自分で掴まなきゃぁ~ね♪頑張れ~。



そして、もう一つは・・・
ノルウェージャンMixちゃんにも、家族が決まりました。
IMG_4624.jpg

ここ最近、TNRを一緒にしている地元の個人ボランティアさんからの紹介で、決まりました。
他の猫とも卒なく仲良く出来きてはいるのですが、基本的には、1匹で過ごすのが好きな子です。
紹介されたお宅は、先住の猫さんもいないそうですので、この子には良いかもしれません。

1314日からトライアルに入ります。
gozyasu.jpg
幸せになろうね。



そして・・・旅立つ子もいれば、、入ってくる子も・・・

3日、木曜日から我が家に居候している迷子さん。
tiwawan.jpg
チワワの男の子です。

少し、吠える子なので、来た当初は、猫達は挙動不審でした。

我が家は、これまで柴犬ハウスと見まがう程に、柴ばかりでした。
ビ-グルにしても、サイズも声もそれなりです。

ところが、今回は自分たちより小さなチワワ。
48482147-54E5-41A9-B4F6-B527641CDF6C.jpg
サイズが小さい分、声は黄色く甲高く・・・
その声に、猫たちも、なんとか慣れてきました。

一方、張り切っているのはアンさま・・からかう相手ができたからでしょうか・・。
お散歩で大ちゃんに突っかかっても、相手にされず、たいして面白くもないわけですから・・・

ヤクザなアンは、ケ-ジに張り付き・・・

「私はアンよ!あんた、誰」とでも言っているかのように・・・ケ-ジ越しに、ワンワンと脅していました。
が・・・チワワもなかなか強い・・負けじと応戦していました。

そんなこんなも、1日・2日で落ち着き、今朝から、何とか3匹でお散歩に行けるようになりました。
03B890E7-3150-41A3-B4AC-FBD50F17A450.jpg
賢いもので、チワワのチュワ君はアンの車いすには近寄らず、、大ちゃんだよりで過ごしています。




さて・・そのアンちゃんの車椅子で、少し困っていることがあります。


後ろ脚を支える紐か?ベルトか?・・何かしらの塩梅なのか・・・マジックテ-プの位置が悪いのか・・お散歩で後足を動かそうとせず、引きずるこが多くあります。

今朝も、引きずっていました。
[広告] VPS


勿論、やる気のない時にも、ブラブラと足を引きずるのですが、それとは違って、その引きずり方が何か違います。
そのため、靴の摩耗も酷くて消費が激しく、直ぐに穴ぼこが開き、砂が・・・。
9A66599E-D8C1-4EEA-952F-F884800844B8_201805052206539c8.jpg
当然、くつの購入頻度が多くなりました。

2台ある車椅子の1台は、ぽっきり折れてしまい、長い間、そのままになっています。
残っている1台もネジが外れたり、タイヤが取れたり・・・自分で直しながら、何とか使っています。

とても軽くて良い車椅子だと思うのですが、どうも、アンの活動性の高さ?あまりの乱暴さに順応していないように思います。

かなり過激な使い方をして、ほぼ暴走族ですし・・・段差もガンガンぶつかるし、ひっくり返って仰向けになっても、全くめげません。
もちろん、学習も反省もあるはずもなく・・その暴挙は日々繰り返されています。

この過激な仕打ちに耐えられる、丈夫で使い勝手の良い車椅子はないのでしょうか・・。
これまでと違うところで作ってみようかと考えたのですが・・・あまり情報がありません。

E8E56B7A-AFA7-4E99-8F2E-2987923FD924.jpg

丈夫で、使い勝手の良い車いすの情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、是非、教えてください。
実際に使ってみた方からの情報があったら、参考にしたいです。
よろしくお願い致します。



| 犬&猫 | 23:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

みんな頑張ってます。

お蔭さまで、みんな元気で過ごしています。
大ちゃんとアンは、2匹での散歩になってしまいましたが、ドタバタと右へ左へと賑やかな散歩です。
そして、相変わらず、お爺ちゃん虐めをしているアンさんです
[広告] VPS


年齢のせいなのか・・、最近の大ちゃんはお散歩もあまり行きたがらずに、歩く速度も遅くなってきました
おトイレ事情も変わって来ました。
お留守番がちょっと長くなると、我慢が出来なくなってきたようです。

保護犬の定め・・・本当の年齢はわかりません。
単純に計算して、あのショップの主人が言ってぃたことが本当ならば、15・6歳ということになります。
正常な加齢現象なのでしょうね。



さて、ルル君に新しい家族が決まり、トライアルに入ってから、もう1週間が過ぎました。
里親さまの御実家も、保護猫とくらしているそうです。

C050EB6C-83E0-4C7D-9333-51FBB74A4833.jpg

実は、トラアルに入る2日前に、元飼い主さんの訃報が届きました。
お届けに伺ったときの様子を、元の飼い主さんに伝えて、安心して欲しかったのですが・・・それが出来なかったことが、ちょっと、心残りでした。

最期まで、ルル君の心配をしていたそうです。
とても、可愛がっていたのでしょう・・。
だからこそ、ルル君の穏やかな懐っこい性格が培われたのでしょう。

65A3AE45-8965-4F95-B2C4-C8025C1E81AC.jpg

向こうの世界から、きっと、ルル君を見守っていてくれるでしょう。
ルル君、安心してもらおうね。


そして、ビ-グル君も、去勢手術後、1週間が経ちました。
そろそろ抜糸です。
E435364C-48E3-48ED-84AE-1E816145AE1F.jpg

とにかく明るい賢い男の子です。
ビ-グル特有の鳴き方はしますが、むやみに吠える子でもありません。
子供たちとお母さんに、教えて貰ったようで、ご飯の時には、お座りや伏せや待てをします。
当然、誘惑になるおやつやフードなど、何かなければ、何もしません。

kippu.jpg
可愛がって貰っていたので、天真爛漫で能天気な可愛らしい男の子です。

来た日の散歩は、引きが強く、犬や猫をみれば、手が抜けそうな程引っ張りました。
あまりに引きが強いので、知り合いのトレ-ナ-さんに相談すると、仕事帰りに立ち寄ってくださいました。

チャチャと、脚側歩行を教えてくれました。流石です。
頭の良い子なので、1回で覚えてくれました。
まだ1歳半と若いので、まぁ、他の犬や猫に反応はして引っ張ることはありますが、だいぶ良くなってきました。

これだけ明るい子だと、人間関係ができるのを待たずに、早めに色々と教えても問題行動が起きないので、助かります。
去勢にワクチン接種も終わったし、新しい家族を探そうね。



トレ-ナ-さんといえば・・・

先日の木曜日、久保木さんの所に行ってきました。
カ-君を保護した方と、費用を出している有志と私の3人で行きました。

数か月ぶりに会ったか-君は、別の犬かと思うくらいの変化を遂げていました。
見違えるほど明るい、『家庭犬』になっていました。

B6502193-D6C8-4D17-9E65-128C93157E27.jpg

前にあった時は、何処か暗くて、ピリピリしていて、ガブッと来るのではないかと思うような感じでした。
今回は、尻尾をブルブルと振って、私にも飛びついてきて、顔をペロペロとなめて、賑やかなご挨拶をしてくれました。

通常の2倍の時間がかかったとはいえ、こんなにも変わるなんて・・・本当に、凄い。

久保木さんとの信頼関係が出来るまでが、時間がかかったようです。
過去の人間との関わり方を忘れさせ、修正するのですから、時間はかかりますよね。

今は、人間を信頼するようになってくれたようです。
そして、人間を好きになってくれたようです。

カ-君、これがキミの個性だったのね。
やっと、本来のカ-くんに会えた、、と思いました。

久保木さんの訓練は、本当に素晴らしいです。
これから、シッカリとトレ-ニングに入ります、と仰っていました。


今回は、カ-君に会いに行ったので、ポコとボタンには、ちょこっとだけ会わせて貰いました。


ポコ君は・・・カ-君とは反対に、最近は我が儘が目立ってきたようです。
20DB6E91-FCC6-4C13-84B9-CD85C74D5950.jpg
ポコは、これからだね・・・。
幸せにならなきゃだよ。



ボタンさん・・・。
147D7776-820F-4347-9467-E64D65E938E2.jpg

「飼い主さんに捨てられてしまったということが、わかってきたような気がします。ちょっと、しょげていて・・」と仰っていました。
まだまだ、時間がかかりそうですが、きっと、人との信頼関係も取り戻してくれることと思います。

ボタン・・頑張れ。
みんなが、応援してるよ。




ブログを更新しなかったために、大変、遅くなりました。

ココママさん、いなさん、お花をありがとうございます。
IMG_4592.jpg IMG_4595.jpg
ボ-タンとチビコのお骨は、今もリビングに並んでます。
また、お花で華やかになりました。

ありがとうございます。

| 犬&猫 | 04:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新入りビ-グル君と、ルルトライアルへ。

チビコが逝ってしまって、もう1週間がすぎてしまいました。
ということは、ボ-タンが亡くなって3週間です・・・

hanamizuki.jpg

思いおこせば、たぁくんは、新年早々、1月20に急に逝ってしまい、それから続いているわけです。

そういえば今日、4月19日はモモコの命日です。

生まれた以上は死は必然であり、出逢いがあれば、別れもあることは知っています。
わかっていますが・・・こうも別れが続くと、心だけ、何処かに忘れてきてしまったような感じがします。

何時もいた場所に姿もなく、撫でられない、抱きしめられない寂しさは、なんとも切なく、胸が締め付けられる思いです。
気持ちの整理がつくまえに、矢継ぎ早に続いた別れは、かなりきついものがあります。
こればかりは、慣れるということはないですね。


MZさん、シュシュママさん、綺麗なお花をありがとうございます。
9C433F3D-6A8A-4744-80C3-187414EBAA1B.jpg 16BFE4B2-0BDA-4A02-8282-F2DF8CFCBF36.jpg

ご心配の声や励ましのお言葉をかけていただき、感謝しております。
心と体がしっくりきて、以前のような生活を取り戻すには今しばらくの時間が必要みたいです。



さて、チビコの火葬が終わった次の日・・・
離婚の為、飼育を続けることが難しくなったという犬の相談を知人から受けました。

人間の身勝手な事情で、手放されることになったビ-グルくん。


離婚後、御主人が、そのまま引き取ったそうです。
以前は室内での飼育だったのに3月からは外に出されててしまいました。
仕事の為か、お散歩もままならず、糞尿も、そこでしていたようです。

その状況を見かねて、出て行かれた奥さんが、新しい飼い主さんを探して欲しいと知り合いに相談したのだそうです。

その知り合いは自分では何ともできないと、クロちゃんの時同様に私の知人に話を持ち込みました。
そして、また・・知人も事情があり、相談を受けられる状況にはありません。
結果、こちらで引き受けることになりました。

クロちゃんとは、同じ地域にいて繋がれっ放しで、10歳近くで飼育放棄されたラブラド-ルです。
今は、里親さまの元で幸せに暮らしています。

何か・・・間に入った知人たちに、釈然としない気持ちはありましたが、そこにいるワンコには関係ないことです。

15日、日曜日にお迎えに行くと、奥さんと男の子が遠くからビ-グルと一緒に走って来ました。
最後のお散歩に行っていたそうです。

sukipp.jpg

ビ-グルは、天真爛漫で、いかにも1歳半の男の子って感じです。
2人のお子さんは、そのビーグルをとても可愛がっていたようです。

車に乗せていると、小学生の男の子が、
「犬飼ったことのある人なの?貰ってくれる人なの?」
と、心配そうに私を覗き込んでいました。
もう一人の小さいほうの子は、状況が正しく理解できていない様子でした。

車を出したとき、何だか心がシクシクしました。

004.jpg
茶色の色素の薄いタイプの子です。

ビ-グルらしい・・明るくて、とても頭の良い、元気な子です。

頭をなでると、手が真っ黒になるほど、汚れていたので、次の日にKさんのお店で洗って貰いました。

DE74824D-8F25-40C2-B4E3-6A4C8CD74C40.jpg

未去勢というので、月曜日に予定したのですが・・・見たら睾丸がありませんでした。
飼い主に連絡をとると、購入時に睾丸が下りておらず、納得できない説明を受けていました。

「これから下りることもあるので、2年過ぎてもおりてこなかったら、言ってください」といわれたそうです。

2年過ぎるころには、うっかりしてしまう確率のほうが高いだろうし、そのときにそのお店に行ったところで、手術費用を支払うなどの制約もしていないわけです。
スタッフだって変わってしまえば「その人がいないからわからない」なんて、言われそうです。

今回、こういう状況で停留睾丸が分り、手術になりましたが・・・
もし、知らずに移動していたら去勢済みにされたかもしれないのです。
放置すると癌になるリスクもある停留睾丸です。

まったく、無責任なペットショップです。

話が少し逸れてしまいました。

性格良し、明るくて、賢いビ-グル君です。
D685F489-C011-4AA3-B94A-F33A7AF92492.jpg

2016年8月29日生まれの男の子。

kippu_201804191327537c2.jpg

この子の里親さんを募集致します。



そして、以前、ちょっとだけ紹介した、飼い主さんが癌治療のため、飼育継続困難になり預かったニャンコ・・・ルル君。
B8BB626C-EC1C-46EF-953C-69350005B0F8.jpg

こちらのスペ-スがなく、病院に預かって頂いていました。
とても人懐こくて、スタッフの皆さんに可愛がられています。

今回、新しい家族が決まり、来週からトラアルに入ります。
これまで可愛がってきた以前の飼い主さんの為にも、新しいご家族とのこれからの時間・・・
幸せになって欲しいと願います。




チビコのことがあって、書くのが遅くなりました。

先日7日に、タケル君が遊びに来てくれました。

里親さんの元で暮らして2年・・・
家にいた時は、只々、おこちゃまで、ドタドタガチャガチャしていたのですが、久しぶりに会ったタケル君は、とても落ち着いていました。
とっても、大人な顔つきで見違えました。

今、とっても幸せなのでしょうね。
20180404_110014.jpg
(里親さまから頂いた写真です)

うっかり・・・写真を撮り忘れましたが・・・我が家に来て、とっても、緊張した顔をしていました(笑)
「げ~・・・もしかして、ここに置いていかれちゃうの~?嫌だよ~」とでも思っていたのでしょうね・・・


タケル君の飼い主さんはいつも、アンのことも気にかけて下さっていて、アンに会うのも楽しみにしておられたそうです。
ですが・・・なんせ、チンピラなお転婆アンさまのこと・・・。
お坊ちゃまなタケル君に喧嘩を売るのは、目に見えているので、フェンスで仕切っておきました。

「可愛い~」と、声を掛けられると、アンも嬉しそうでした。

「可愛い」という言葉に異常に反応するアンさん。
勘違いの激しいアンさまは、自分のミドルネームくらいに思っているみたいです。
IMG_4383.jpg
アンも、タケル君のご家族に沢山、可愛がって頂いて、満足そうでした。
そして、お花にご寄附まで、ありがとうございます。

新入りの保護っこのビ-グル君にも、タケル君のような素敵なご縁がありますように・・・

| 犬&猫 | 15:39 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT