PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

通院と幸せ便り。

先日、友人が来た時の大ちゃん。
795.jpg

保護当初は、知らない人と目が合うだけで、脱糞してたのに・・・。
こんなに人の目を真っ直ぐ見て、撫でて貰えるようになったんだなぁ~と、しみじみ・・
1mも歩けなかった大ちゃん、今は、何キロも歩けます。

daiwara_20170219040329a62.jpg
大ちゃんの頑張りと成長が、改めて嬉しく思いました。


さて、先日水曜日は、モモコ姉さんと、ぐぅちゃんの通院でした。

モモコの腎臓は、DICによる一過性のものだったようで、BUNの数値も落ち着いたようです。
ということで、タンパク質の制限はなくなりますが、腸の調子は、今一つのようです。

78180.jpg
だいぶ減ってしまった体重も、ほんの少し増えていました。
脂肪が少し多いものを食べると、直ぐに下痢になってしまうようです。
脂肪の少ないものといっても、なかなか難しいようですが、モモコには食べることを楽しんで欲しいです。


そして、ぐぅちゃんは、口の中はあまり良くない状態のようで、少し体重が落ちてしまいました。
脱水もあったので、皮下点滴と注射をして頂きました。

食にむらがあったので、気になっていましたが、通院後は、よく食べてくれています。

ぐうちゃんの雄叫びは、すっかり、なくなりました。
夜中になると、階段を上ったり下りたり、ウロウロコソコソ動き回っています。
guutn gutyann.jpg

一通り歩き回ると、必ず、甘えてきます。
guuta.jpg
なので、抱っこをして、ぐぅちゃんに洗脳教育が始まります。

いつものように「外は寒いよ~。車も走ってるし、危ないよ~。お家は良いよね」とかetc・・・。
洗脳中、ぐぅちゃんは、目を閉じて喉を鳴らしながら、ジィ~としています(^^;
もし話せたら、きっと「毎晩、同じ話ばかりで五月蠅いんだよ・・」と言われそうです。

guuneru.jpg
ソファの上で、穏やかな顔をして寝ている姿に、ホッとしています。
ぐぅちゃん、早く家の中が大好きになってね。



さて、幸せになった子の様子を頂きました。

昨年末、幸せになったチャトラのナツ君。
natukun.jpg

トライアル中から、お腹の調子が悪くて、ご家族には、随分と大変な思いをさせてしまいました。
それでも、気長に、お腹の調子と向き合って下さって、本当に感謝しています。
お腹もすっかり良くなったそうで、安心しました。

S__4038676.jpg
相変わらず御茶目なナツくん、可愛いな・・・。

優しい素敵な家族と過ごせて、本当に良かった。


ナツ君の兄弟の「こたろう君」も幸せそうです。
可愛い写真が撮れると、マメに送って下さいます。
kotarou.jpg
やっぱり、似てますね。

ナツ君、虎太郎君、チョビ君、茶々丸君、4兄弟、とっても幸せそうです。
嬉しいですね。


そして一昨年前、幸せになったキジトラ姉妹。

姉妹、変わらずに仲良く楽しく暮らしているようです。
IMG_4256.jpg
あんこちゃんは、髭が長くなると折れてしまうそうです。
なので、常にちょび髭だそうです。

2匹一緒に過ごすことができて、可愛がって頂いて、本当にありがたく思います。


さてさて悪戯っ子、キジサビのナナちゃん。
789.jpg
日に日に、悪戯がパワ-アップしているようです。
でも、その悪戯も含めて、ナナちゃんとの生活が楽しいと仰って頂けて、ホッとしてます。

凄く幸せそうで、よかった。
本当・・ナナちゃん、悪戯は、程々にしてね。。


そして、友人宅で可愛がって貰っているダックスのモカちゃん。
先日友人が「もう年だし、健康診断もして、歯石も取ったんだよね」と・・。
もう、9歳になるなんて、、早い!!

「同棲を解消し、引っ越すので、飼育できなくなった」という理由で、1歳半で引き取ったダックスでした。

「家は猫が強いから、他の動物は駄目何だよね・・」と言っていた友人でしたが・・。
この子を見て「トライアルをしてみてもいいかな」との申し出でした。
食は細いし食糞するしで、一緒に暮らしてからの数年間は、大変だったようです。

mokamiku.jpg
この間、「こんなに仲良くなって・・わからないものだね。」と、2匹の仲良し写真を貰いました。

勿論、ニャンコの方が強いそうです。
が、モカちゃんも、無駄な抵抗をするそうで、結局、猫パンチをされて、あっさり負けるそうです。
2匹、それなりに楽しんでいるようです。



さて、柴犬タケル君も、優しい家族と暮らして、来月末で1年が経ちます。

旅行にも一緒、色々なところへ連れて行って貰っているようで、楽しそうなニコニコ写真をたくさん頂きました。
takeruku.jpg

暴れん坊で、ちょっとシャイ・・・トライアル中から、大変な事が多かったようですが、気長に接して下さいました。
とても、ありがたく思います。

どれもこれも、幸せうな楽しい写真ばかりでした。
takerukunn.jpg

まだ、大変なことも起っているようですが、、温かく見守って下さっています。
タケル君、幸せだね♪



さて、アメショウ君は、まだご縁がありません。

のんびりした、おっとりさんです。
きっと、これから素敵なご縁があることでしょう。
syoukun_20170219041155506.jpg
優しい家族に出逢えるまで、焦らずに頑張ろうね。

| 犬&猫 | 04:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

通院と赤い糸とお礼。

2月も1週間が過ぎてしまったのに・・・今月、初めての更新です。
1日の仕事が終り、パソコンの前に座ると、気付かないうちに眠ってしまう毎日でした。
今日は、絶対にうたた寝しないぞ・・と。。


お蔭さまで、モモコも術後2週間が経ちました。

モモコへの医療費をご支援下さった皆さま、本当にありがとうございます。
心より、感謝しております。

明日、水曜日は抜糸です。
そして、エコ-検査も予定しています。
76050.jpg

モモコは、先月「腸リンパ管拡張症」との診断が出てから、低脂肪食を心がけています。
ドライフ-ドは、消化器サポ-トの低脂肪を食べてさせています。
が、術後は、トッピングなしでは、ドライフ-ドを食べません。

脂肪の高いものを食べると、下痢になってしまうようです。
トッピングも、なるべく脂肪の少ないもの・・と思うのですが、なかなか難しいようです。

昨年末に、チョビ君のママさんに、フ-ドのご支援頂きました。
家も4匹、腸の不調を抱えていて、みんな消化器サポ-ト・低脂肪を食べているので、助かりました。
ありがとうございます。

さて、最近のモモコのトイレ事情ですが、ペットシ-ツで済ますようです。

と言うことで、今日は、ス-パ-ワイドのペットシ-トと消化器サポ-トの低脂肪のお届けし、モモコに会ってきました。
76042.jpg
荷物を運んでいると「なに?なに?」と、邪魔をしてくるモモコでした。
手術日の元気のないモモコのことを思うと、嬉しい姿です。

いなさん、ペットシ-ツのご支援、いつもありがとうございます。
助かります。


そろそろ帰ろうかと思ってたところ、「賢ママさん」が、いらっしゃいました。
モモコに、美味しいものを持ってきて下さったのです。
76041.jpg
モモコは、賢ママさんに、釘づけに・・・(^-^;

早速、美味しいものを頂いていました。
ももこ、、良かったね。
賢ママさん、いつもありがとうございます。




さて、我が家の通院のことです。
先週は、「ぐぅちゃんと黒っち」と、「チビコ・たぁくん・ハチワレ君」の2グル-プに分かれての通院でした。

チビコもたぁくんも、術後5ヶ月が経ちました。
75230.jpg

このところ、たぁくんの元気が、今ひとつです。
最近、ご飯を残すことがあります。
殆ど残すのですが、促すと食べてくれるので、少しホッとしています。

76048.jpg
お散歩も、みんなより遅れて、遥か後ろを歩いています。
若干、左前足をかばって歩いているような感じもします。
何かと物入りで、サプリだから・・と、お休みしていたアンチノ-ルも、急いで購入しました。

甲状腺ホルモンの検査をした所、少し低めだったので、チラ-ヂンを増量することになりました。
元気がないのが、甲状腺の低下だけが原因だといいのですが・・・。
どうか、元気になってくれますように。

チビコの腎臓の数値は、少し良くなってきました。
tibibyou.jpg
このまま、腎臓の数値が落ち着いてくれていると良いです。

皮下点滴の吸収が悪いので、今は、飲料水を飲んでいます。
petpokari.jpg
ヨ-グルトの味が美味しいのか、よく飲みます。

こっそり、隠れて台所で飲ませていると、寝ていたはずのアンが背後に・・
75448.jpg 75450.jpg
段々と近付いてきます。

annometa.jpg
ジ~っと、待っているので、お裾分けです。



ハチワレ君は、ちょっと風邪気味です。
目の炎症が、少し悪化したように感じます。
IMG_9920.jpg
抗生剤で、様子を見ることになりました。


我が家のクロっちは、喘息なので、定期的に検査をしています。
kurottib.jpg
肺の炎症症状は変わっていなかったのですが、若干、喉に炎症があるそうです。

まだ、ステロイドを服用する程の酷い喘息でもありません。
喉の炎症を抑えるために、抗生剤の服用で、様子を見ることになりました。


そして、グレちゃん。
gubyouin.jpg

予想通り、また口の中の状態が悪くなってきました。
口角から、少し出血もしていましたが、食欲はあまり落ちることなく食べていました。

炎症止めの注射を打って頂き、様子を見ることになりました。
悪化するようなら、今度は犬歯を抜かなければならないそうです。

体重は、順当に増えています。
まだ、ゴツゴツとしていた背中も、ふっくらとして丸みが出てきました
guretan.jpg

真夜中から明け方にかけての雄叫び時間は、なくなりました。
要求鳴きをするようにはなりましたが、抱っこをして暫く撫でていると満足してくれます。
自由な外での生活が長かったので、家の中での生活を強いられて、戸惑いや不安があったのだと思います。

体調が悪くなり、辛くても、いのち短くても、これまでのように自由に生きるのが幸せなのか・・・。
外での自由は無くなったものの、食事や水、安全と医療行為を保障されて生きるのが幸せなのか・・・。

どちらが幸せかなのか・・・私にはわかりません。

ゴロゴロと喉を鳴らし、甘えてくれる姿を見ると、そん気持ちもなくなってきます。
gutand_201702080058442c2.jpg
毎日ように「ぐぅちゃん、お外は寒いし、またお口が痛くなって食べれなくなるよ。辛いでしょう」と、言いくるめているのですが・・果たして、きいているのでしょうか・・・(^-^;



こちらは、家族募集をしてた子猫達・・。

お蔭さまで、我が家の保護っ子キジサビも、素敵な家族が出来ました。
IMG_8728.jpg  saabitak.jpg
そして、友人が保護したサビちゃんも、家族が決まりトライアルも終わりました。


キジサビっ子は、やんちゃの悪戯ちゃんなので、ちょっと心配ですが・・・
571.jpg 569.jpg
キャットタワ-も、早速、用意して下さり、とても可愛がって頂いています。

新しい名前は、ナナちゃんです。
ナナちゃん、ヤンチャと悪戯は、程々にしてね。


そして、サビちゃんの新しい名前は、蓮ちゃんです。
75844.jpg 75845.jpg
優しいご家族に、たくさん甘えているそうです。

先住の猫さん達には、まだ、シャ-ハ-と言われているようですが、猫パンチされても突進しているそうです。
ご家族も、先住猫さんとの関係は、気長にみて下さっているようです。

物怖じしない明るい子です。
きっと、先住の子達とも仲良くなれることと思います。

2匹とも、幸せそうです。
素敵な家族と、赤い糸が繋がっていました。
ありがとうございます。

| 犬&猫 | 23:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

モモコも無事退院しました。

ご報告が遅くなり、申し訳ありません。
お蔭さまで、モモコは土曜日の夕方、無事に退院しました。
ご心配、応援下さった皆さま、本当にありがとうございます。



退院前日は、5万だった血小板も、14万を超えました。

退院後の食欲は、今ひとつのようですが、美味しいものを混ぜると食べるそうです。
昨晩の夕食は、少し残した・・・、、と思ったご飯も、結局、時間をかけて、完食したそうです。


車椅子に乗っての夕食・・・

74267.jpg 74266.jpg
車椅子に身体をゆだね、モモコも少しは楽をしてくれたのでしょうか。
乗り手のなかった車椅子は、嬉しそうにみえます。

退院することができて、モモコのニコニコ顔をみることができて、感謝の気持ちでいっぱいです。


嬉しいことと言えば、グレちゃんの雄叫びも、すっかり落ちつきました。
gurenare.jpg

明け方に、大声で鳴いて、抱っこを要求されることがあるのですが、それも少なくなりました。
コソコソと歩いていた家の中も、だいぶ堂々と歩けるようになり、他の子達にも慣れてきました。
gureurouro.jpg
飲水量と尿量が、少し多めなので、近々、血液検査に行かなくては・・・。


柴ズたちも、変わらずに元気で過ごしています。
sibasanpon.jpg

最近、大ちゃん毛が、だいぶ白くなってきように感じます。
チビコは、すっかり耳も遠くなり、白内障も進んできたようです。


アンは、いつも通り、新しい車椅子さんも、いたぶっています(-_-;)














| 犬&猫 | 04:57 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お散歩復活。

お蔭さまで、モモコも術後、半年が経ちました。

先日、会った時に、つまらなそうな顔をしていたので・・・
tumarannmomo.jpg
悪戯してみました。

意外に、耳垂れもモモコも、可愛いなぁ・・。
mmorabu.jpg

モモコが、後ろ足を切断し、三本足になって6ヶ月。
片足を切断しても、直ぐに転移してしまう子が多いそうですが、お蔭さまで、今のところ無事に過ごしております。

断脚後、歩いているうちに、筋肉が付くかと思ったのですが、高齢の為か、筋肉も付きません。それどころか、膝の軟骨もすり減ってきている為、背骨にまで負担がかかっている状態です。
お腹を支えながらの散歩のようですが、心臓も弱く、年齢のことも考えると、3本足で歩くのは、厳しいのではないかと思うのです。

3本足は動くけど、車椅子はどうなのだろう・・・と思い、ポチの車椅子さんに、お聞きしてみました。
同じような子の車椅子も沢山作っているとのことでした。

車椅子があれば、モモコの負担も少なくすみ、もっと楽しんで散歩できるのではないかと。
これから、モモコの車椅子もお願いしようと思っています。



アンの車椅子も、17日のお昼に届きました。
newkurumaisu_20170120003352b55.jpg
1台(左)は、新しく作って頂きましたが、1台は修理して下さっていました。


お蔭さまで、楽しそうに、みんなと一緒にお散歩しています。
sorotta_20170120003353a64.jpg

車椅子が来た夜の散歩は、大張り切りでした。

「おりゃおりゃおりゃ~~」と、アンは楽しそうに暴走し・・・
早速、アンの乱暴運転に轢かれて、大ちゃんとたぁくんは、右往左往していました。
sorotta4.jpg


新しい車椅子は、少し、強化されていました。
kurumaisu.jpg
車椅子の支えも1本多くなっていて、お尻の部分の紐も、ネジで止まっていました。

ネジを外して、紐洗い、また付けるのも大変そうなので、散歩にもオムツをして出かけています。
korekara.jpg

みんなが散歩から帰宅した後、とても不機嫌だったアンでしたが、笑顔に戻りました。



さて、昨年12月に保護したグレちゃん。
gutyan.jpg
変わらずに、夜中の雄叫びは、続いています。

昨年末よりは少し短くなりましたが、夜中の3時頃から始まり、朝7時頃まで、鳴き続けます。
抱っこをして、撫でながら20分程、話しかけていると、少し寝てくれます。
gureamaeruyo.jpg
寝不足は、暫く続きそうです(-_-;)

口の中の調子も良さそうで、よく食べてくれます。

先日の通院で、血液検査の結果も良好でした。
腎臓の数値は、問題なさそうなのですが、尿量が少し多いのが気になります。

外が気になるようですが、家での生活にもだいぶ慣れてくれました。
gumosizoroi.jpg

早く、夜鳴きも落ち着いてくれるとありがたい・・・。

| 犬&猫 | 05:31 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年もよろしくお願いします。

あっという間に、松が明け、もう鏡開きに・・・。
ご挨拶が、すっかり遅くなりましたm(__)m


昨年は、大変、お世話になりました。
本当に、ありがとうございます。
angoaisatu.jpg
今年も、どうぞ、よろしくお願い致します。



1月10日・・・。
昨年亡くなった、こうちゃん、そしてフジの命日です。

こうちゃんが亡くなって、もう一年経ったなんて・・・本当に早い
nedarukou.jpg

動物達には、いつも色々な経験をさせて貰って、沢山のことを教えて貰っています。

こうちゃんにもまた、沢山のことを教えてもらいました。
そして、素敵なご縁に、目に見えない大切なことを、いっぱい教えてくれて、心に残してくれました。

I6102.jpg

今頃、フジとかフクちゃんと一緒にいるのかな。。
こうちゃんは、きっと、今日もお空の誰かを癒しているのだろうな・・・。

IMG_7827.jpg
カカア殿下だった、モモコは、まだまだ、こっちで過ごしてるよ。
当分、そっちには行かないから安心して、ゆっくり過ごしてね(笑)




さて、、我が家のメンバ-は変わりなく、今年も元気に過ごしています。
年末に車椅子が壊れたアンは、相変わらず、お散歩の時間は、お留守番です。

お散歩に出ようとすると、玄関まで追いかけて来ます。
anmatu.jpg


帰宅すると、玄関には出て来ずに・・・
minnnakitaku.jpg

何処かしらで、ふて寝しています。
anhutene.jpg


アンがいないお年寄り組は、毎日、のろのろダラダラのお散歩です。
DSCN0167.jpg
途中、止まったり、こけたり・・・
そんなに長くない距離を歩くのにも、結構、時間がかかります。
ポケモンを、ゆっくりとゲットできそうなお散歩です(笑)


一匹狼のコテツは、今年もまた、単独でのお散歩です。
kotya.jpg
いつも1匹で過ごしているので、なるべく、お散歩は、時間をかけるようにしています。

途中、実家によって、お菓子を貰ったり・・・
kotyann.jpg
それなりに、楽しんでいるようには見えます。
怪獣ちゃんですが、甘ん坊さんです。

猫達もみんな元気です。

新しい年も、変わらずにドタバタしてます。
今年は、みんな大病しませんように!
どうか、元気に過ごして欲しいです。



さてさて、、ちょっと余談です。

先日、動物とお話ししてみませんか・・的なセミナ-に誘われて、2ー3時間程お話を聞きました。
訓練をすれば、みんな動物の声を聴くことができるそうです(^-^;

そして、いのち頂く、食肉のお話しのこと・・・
人種はわかりませんが、狩りをするときのことだと思います。
原住民の人達は、魂がもう、その動物の身体から抜けていて、この身を差し出す準備ができている動物を見極めることでき、そのいのちを頂いていると仰っていました。

ちょっと違和感を感じました

こうちゃんもそうですが、今迄、看取った子達をみていて思います。
みんな、最期のその時まで、諦めず、一生懸命にその瞬間を生きています。

ジャングルでも屠畜場でも、家犬でも、そこにいる「いのち」には、なんら変わりがないと思うのです。
自ら、いのちをどうぞ・・なんて思う動物は、いるものなのだろうか。
魂が抜けているって、、準備ができているって、、動物がそのいのち諦め、人間に差し出すのものなのでしょうか。

奥が深いのか・・・頭の悪い私には、わからない話しでした。

taboku.jpg
んん~~、、たぁくんも、わからないよね。

| 犬&猫 | 03:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT