FC2ブログ

≫ EDIT

早かった一週間

毎日が慌ただしくて、あっという間に1週間が過ぎていきます。

気が付くと、先週の大ちゃんの受診から、もう1週間が経ち、金曜日は、病院に行ってきました。
IMG_0063.jpg

いつもの通り、大ちゃんを午前中にお預けして、夕方までの時間をかけた処置をしていただきました。
薬の効果の持続期間が短くなってきているので、気がかりです。

IMG_0065.jpg
調子の良い時の大ちゃんは、ピョンピヨン飛び跳ねていたかと思うと、突然フリ-ズしたりしてしています。
おもちゃを銜えては、ブルブルと首を振り、時として・・おもちゃと間違って私の足やポコタのお尻を噛んでます。

その日その日を大切に、大ちゃんと過ごせたらいいのですが・・
いろいろと出かける用事が多く、ちょっと気がかりです。


さて、カエデは、先週の初め、1回目のワクチン接種が終わりました。
2回目は、3週間後です。
100g前後しかなかったのに、今は730gです。
食欲旺盛で元気いっぱいです。

IMG_9898.jpg

ブログに載せる写真は、猫に見えないらしく「熊みたいね」と、みんな口を揃えて言います。
黒いのですが、何となく縞模様も入っていて成長したときはどんななのでしょう。

3回目のワクチン接種までに、家族が決まってくれると良いです。


いくらも、無事に去勢手術を終えました。
尻尾の傷も順調に回復していて、もう大丈夫でしょうとのことでした。

5A00AA77-C144-41AD-9A0B-9D831BC28ABE.jpg

いくらは、尻尾が切れたか、切られた時の後遺症が少し残っています。

トイレで随意的に排便するのですが、直腸や大腸に便があると、はしゃいだり、遊んでいたり、抱っこされたりしてお腹に力が入ると、ボロンと便が出てしまうことがあります。

先生のお話では、痺れが残っている可能性があるそうですが、成長につれて大丈夫になるのではないかとのことでした。




まだまだ、里親さん募集中の子達がたくさんいる中・・・新たな懸案が・・・

以前住んでいた場所の人から仔猫が生まれているとの情報が入りました。
数匹のTNRを終えていたはずなのに、どこからか流れてきていたようです。

新しく猫が移動してきた場合は、教えてくれることになっていたはずでしたが・・。
話によると、新しい猫だな・・・と思って気にしていたら、数日後に、子猫もチョロチョロと出てきたそうです。
出産はどこかでして、移動してきたのか、お母さんのお腹は膨らんでおらず、仔猫を隠しているなんて、全く気付かなかったそうです。

早速、現場に行ってみると母猫と離乳の時期の仔猫が4匹、確認できました。
母猫はすぐに捕獲出来ましたが、仔猫は簡単ではありませんでした。

夕方から早朝にかけて4匹、保護できました。
F89315CF-70A0-4D73-BBCF-E1ABE9A9CE71.jpg
母猫は病院に連れていきましたが、仔猫は、これから人馴れさなければなりません。

といっても、猫の数は飽和状態・・・頭の痛い問題です。
この数日、ちょっと、考えます。


来週は、トレ-ナ-さんのお宅に、くまちゃんをお迎えに行く予定でいます。
IMG_9016_20190602003918a6a.jpg
お預かり代もあるし、これ以上の、無理は出来ません。

ゴンちゃんも悩みましたが、もう少し、時間が必要とのことで、連れて帰るのはあきらめました。
そうは言っても、ボタンもお預けしている中、ちょっと厳しいので、来月初めには、お迎えに行かなくては・・・。


さて、いよいよ2日、日曜日から、ポコタのトライアル開始です。
poko056.jpg

やっと巡り合えたご縁です。
最初は戸惑うでしょうが、きっと、幸せになってくれると思います。



そして、プ-ちゃんも、今日(土曜日)、お見合いをしました。
C356C0EB-992D-41C0-AA13-5B567C5A23E3.jpg
まだ、トライアルまで、辿り着くかはわかりませんが、幸せになって欲しいです。


この調子で、みんなが素敵なご縁に巡り合えるよう願わずにはいられません・・・
みんなに、早く、素敵な家族との出逢いがありますように・・・

日々、色々なことが起きていますが、また、追々、報告させていただきます。

| 犬&猫 | 01:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ご縁を待っている猫たち。

幸せを掴み、来週の日曜日からトライアル予定のポコタくん。
pokotasbed.jpg
せっかく、少し大きなベットを置いてあげたのに、どうしても、ぐぅちゃんのお下がりの小さなベットが好きなようです。

ちょっと、台所まで探索に行った隙にベットを猫にを取られてしまいました。
呆気にとられ、寝ているセサミをガン見し、立ちすくんでいました。

IMG_9689_20190524171631564.jpg
仕方なく諦めたようで、床で寝ていましたが・・。

セサミが居なくなるや否や、サッサとベッドを取り返しました。

そこに、また戻ってきたセサミちゃん。
今度は、その隣のベットに入り、ポコタのベットに両手をかけて、暫くポコタをガン見してました。

IMG_9705.jpg

そして・・・
当然、ポコタは、寝たふり?目を閉じたまま、取られまいとジッとしていました。

何でこのベットが気に入ってるのか・・。。
pokotasmbed.jpg
こんな格好で寝るのなら、大きなベットで寝ればいいのに・・・。

それにしても、セサミの大物ぶりは、ポコタもタジタジです。
元々、多頭飼育に慣れているセサミは、上手に我が家にも、直ぐに溶け込んだ様子です。

sesacyan.jpg
新しい家族との出会いが待ち遠しいです。



大ちゃんは、やはり体調の悪くなる周期が、段々と短くなってきました。
今日も、半日お預けして、静注をして頂きました。
20195dai.jpg
(寝ボケ顔の大ちゃん)

大ちゃんは、一日に、口を大きく何回も開け、顎をカクカクとする仕草が増えてきました。
不具合が起きていることは明らかですが、それがどこなのか、全くわからないようです。

それでも、調子のよいときの大ちゃんは、お散歩に行きたがる時があります。
そんなときは、短い距離ですが、気晴らし程度にお散歩をします。

そんな大ちゃんのお散歩にゲンちゃんがお伴をする時があります。

新入りのプ-ちゃんには猫パンチをしていたゲンちゃんですが・・・
フリーズする大ちゃんの様子を見に来て、先導してくれているのか、何気に促してくれます。

お散歩の様子の動画を作ってみました。

微笑ましいゲンちゃんです。

ゲンちゃんは、とても優しい子で、他の猫たちへの心配りにも、天下一品で、いつも感心しています。




さて、最近の私の頭を悩ませている最大の懸案。

先月保護した、可愛い顔のマンチカンの女の子のおトイレ問題です。
manchi.jpg

猫のトイレは、基本的に人間がかかわって躾ける必要はなく、砂場などのトイレを置くことで問題なくいくものです。
砂かけが下手な子や、やたらまき散らす子・・色々な子がいて、特に多頭飼育では、トイレの問題が出る猫が多くいますが・・・

この子は、トイレの中で、排尿をしません。
多頭が嫌のかも・・と、1匹で過ごすように部屋を移し、まして広めの3段ケ-ジにいれてみました。

3段ケ-ジの一番下には、ちゃんとおりてきて排尿するのですが、見事にトイレを外します。

時々、トイレにも入り排尿や便をしますが、やはりトイレの外でする方が、断然、多いです。

ケ-ジの一番下のトレ-にペットシ-ツを敷いて、トイレを置いても、ペットシ-ツをどかして丸め、外して排尿します。

ケ-ジの一番下がトイレという認識はあるらしいので、下の床面にトイレを2つ置いてみたところ、トイレにもしましたが、隙間を狙って、器用に排尿をしていました。
色々なタイプのトイレを試し、猫砂も全種類位、試したのですが、駄目です。

砂が嫌なのかと思い、砂を入れずにトイレだけを置いても、しません

mannci.jpg
ベタベタの甘えん坊で、顔も可愛いし・・・すぐにでも家族が決まりそうな子ですが・・・。

猫のトイレに問題のある子もいましたが、このような子は初めてです。
どなたか、同じような体験をした方がいらっしゃいましたら、是非、対策を教えてください。



スコマンチは、少しづつ心を開き始めていますが、ちょっとシャイです。
猫じゃらしが大好きで、撫でればゴロゴロと言っています。
攻撃性は、全くありません。
IMG_9618.jpg
家は多頭なので、なかなか馴れてはくれませんが、少ない頭数でしたら直ぐ馴れるかと思います。



そして、Kさんのお店にいる2匹のニャンコ君。

茶トラの「スネくん」は、すっかりベタベタで、甘ったれ・・抱っこが大好きです。
AB780542-ECFD-4F89-B4E9-83E16109455C.jpg
不器用で、ちょっと口が軽いようですが、可愛らしい顔をした男の子です。


同じく、Kさんのお店で過ごしているイクラちゃん。
E281A532-3A16-4C3B-B7BE-8FA6FA9D80D7.jpg

尻尾を切られたのか、怪我をしたのかわかりませんが、尻尾の傷の治りは順調です。
傷の直りは順調ですが、心の傷が深いのか・・・男の人が、少し怖いようです。

初めて会う人には用心します。
薬を飲まそうとか、顔を拭こうとか・・何かされると思うのか、パニックになり、血相を変えて逃げます。
いつもは、凄い甘えん坊で、ベタベタ過ぎて歩くときも気をつけないと踏みそうになる子なのですが・・・。

29日に、去勢手術の予定です。
里親さんとの出会いが待ち遠しいです。



明日は、いよいよザラメちゃんのお届け・・・トラアルの開始です。
katuonokoi.jpg
カツオは、ちょっと寂しくなっちゃうけど・・幸せにならないと!だものね。


時間がかかったけど、ポコタも幸せを掴んだんだもの・・・
IMG_9843.jpg
カツオも、きっとご縁があるよ。
頑張ろうね・・・!

| 犬&猫 | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

みんな元気そうでした。

大ちゃんは、先週の受診から、ちょうど1週間・・・木曜日の夕方から、また少し体調が落ちてきました。
翌日の朝、小さく悲鳴をあげたので、急いで受診しました。

いつものように、夕方までお預けして、静注で脳圧を下げる薬などを入れて貰いました。

IMG_9465.jpg
お蔭さまで、帰宅してからは悲鳴も上げることなく、調子も戻ってきたようです。

大ちゃんの悲鳴の原因は、わかりません。
大ちゃんの内耳や顎関節や脳が、どにようになっているのかは、想像しかできません。
付け焼刃的な処置でしかありませんが、調子が良くなるので、症状に合わせての対症療法でやり過ごして行くしかありません。



さて、グラウンドにお邪魔した木曜日は、幸せを掴んだご報告を兼て、お世話になったポコタと、お初のプ-ちゃんの2匹も連れてお邪魔しました。
pokopukuma.jpg

1ヶ月ぶりに会ったクマちゃんは・・・いつものように、私をお尻でド突きながら「久しぶりじゃないかよ~!おい!おい!」とでも言っているようでした。
IMG_9016.jpg
相変わらず明るいクマちゃんです。

ゴンちゃんは、まだ臆病な様子は残っていましたが、以前よりも明るくなっていました。
196505gon.jpg

トレ-ナ-さんのご主人には、すっかり慣れており、心を許しているようで信頼も寄せているようです。
ゴンちゃんは、来た時は、凄く吠えていましたが、今は吠えることなんて全くなく、とても良い子で飼育しやすい子!と仰っていました。

ケージに入れられっぱなしで人との関わりを極端に制限されていただけでなく、ゴンちゃんの、本来の飼い主だった人がどのような飼育方法をしていたのかも、不安要素です。

ゴンちゃんの近くに座り、他の子達をみていると、こっそり臭いをチェックしに来ていました。
最初の頃ではあり得ない、進歩です。

gontama1.jpg
また、気が弱いようで、プ-ちゃんやポコタが近づくと、尻尾が、下に垂れてしまっていました。

ご主人が「ゴン、おいで」と呼ぶと、直ぐに近くに行きますが・・
gontama.jpg

基本的に人が怖いのか、用心深くて気が小さいのか、他の人が呼んでも来ません。
一度リ-ドを離して、グラウンドで遊ばせても、ご主人が呼ばなければ、リ-ドを付けるのも困難です。


ボタンは相変わらず、木陰でまったりしていました。

他の犬との関わりは苦手らしいです。
20195botan.jpg
自分の物・・とくに食べ物の執着が強いのがまだクリアできていないそうです。
食器や食べ残し、隠してある何か・・そんなものに不用意に手を出さない限り大丈夫だとのことでした。

可哀想だったのが・・右目です。
IMG_8994.jpg
ブヨに刺されてしまったらしく、今は腫れが引いたそうですが、刺された当初は、酷く腫れたそうです。
自然が多いので、ブヨも多いらしいです。
ボタンの周りには、ブヨ対応の蚊取り線香が3つも置いてありました。


プ―ちゃんとポコタもいたし、クマが煩かったりして、いつもより、ボタンとの時間がとれませんでした。
今度ね・・・


プ-ちゃんをみて・・・
「何だか、身体・・・に、、顔のバランスが、キュっと詰まってません?」と、トレ-ナ-さんに言われてしまいました。
IMG_9080_201905191306444a6.jpg
そうなんですよね・・。
クマちゃんと並ぶと、タヌキとキツネみたいですね(笑)

何か、バランスに問題が・・でも、写真よりも、実物の方が可愛いのがプ-ちゃんです

グラウンドでも、背中をスリスリしているポコタくん・・。
IMG_9135.jpg
ポコタの譲渡決定をとても喜んでくださいました。
そして、ポコタの表情が穏やかになったと、しきりに誉めてくださいました。
それもこれも、トレ-ナ-さんのお陰です。



お届け予定のサビちゃんの名前は「ザラメちゃん」になったと連絡を受けたので、早速、その名で呼んでます。
zarame.jpg

順調に準備も進んでいるようで、当初の予定通り、25日にお届けできそうです。

IMG_0954.jpg

マンチカンや、セサミの近況、スコマンチやスネ夫にいくら・・もちろん、カツオくんも・・・

20195manti.jpg
書きたいことは沢山あるのですが、、いつも睡魔に勝てず・・・(パソコンに向かうと、zzz)

20195nabti1.jpg
猫達のことなどは、また今度に・・・。





| 犬&猫 | 13:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

みんな、幸せになってね。

ポコ&プ-で、お散歩に出るようになって1ヶ月以上が経ちました。
当初は足並みもそろわず、ハチャメチャなお散歩でしたが・・・
015956CA-98BC-443D-AF3E-0BFCA1E939BB.jpg
最近は、どちらも強く引っ張るようなこともなく、2匹共、足並みをそろえて歩いてくれるようになってきました。


プ-ちゃんも、この所、更に明るくなってきて、子供たちの声にも過剰に反応することもなくなりました。
カメラを向けると「遊ぶのか・・?」と、両手を広げて態勢を低くして、私を遊びに誘います。
pupupunopu.jpg
時間の経過とともに、段々と、プ-ちゃんの素が、見え隠れしはじめています。
柴犬本来の生意気さや可愛い顔が、色々と見えるようになってきたのは、嬉しいことです。


ポコとプ-の散歩から帰ると、2匹を待っているのか・・・
daimatu.jpg
大抵、リビングの入り口りドアの所に、張り付いて待っている大ちゃんの姿が、すりガラス越しに見えます。

ドアを開けると、一瞬、ボゥ~っとフリ-ズしている大ちゃん。
1FD066C6-F8A4-452C-B537-0177E150208C.jpg
その大ちゃんの脇を勢いよく通り過ぎて、2匹がサッサと部屋に入ります。

そうすると、一瞬の間をおいて、ハッと我に返り、スイッチが入ったように、ピョンピョンと跳ねまわります。
542CD5CD-7ADE-4E57-89C4-B2588F94F252_201905141726017b0.jpg
この日の大ちゃんは、プ-ちゃんに飛びついていました。

私としては、すりガラス越しの大ちゃんが見えると、「今日は、体調が良いんだな」と、ホッとします。
元気がなくなると、すりガラスには大ちゃんの姿はありません。


さて、先週末のお見合いで、ポコタに素敵なご家族との出逢いがありました。
来月早々に、トライアルに入ります。
IMG_0982.jpg

お問い合わせを頂き、メ-ルでのやり取りの段階で、このお家で、ポコタが過ごせたらいいな・・と思っておりました。
そして、ポコタを連れてお宅にお邪魔して来ました。

先住のワンちゃんは、柴犬だったそうで、病気で亡くされてしまったとのことです。
柴ワンと一緒に暮らしてきたご家族です。
抜け毛なんて何のその・・・多少の問題なぞ、明るく乗り越えてくれそうな、優しい素敵なご家族でした。

やっと・・やっと・・幸せになれます。
良かったね~、、ポコタ・・・待った甲斐がありました!!
pokoyoyu.jpg
お届けする日まで、ポコタには、もう少~し、言葉を覚えさせたいと思います。



そして、サビちゃんも、家族が決まりました。
こちらも、猫好きな若いご夫婦です。

IMG_0988.jpg

色々な里親会も見て回ったそうで、掲載した写真をみて、サビちゃんに、ビビッと来たそうです。
ペット可の住宅ですが、規定があるそうで、マンション側とやり取りをしてから、お届けの予定です。


そして、チワワのチビ太も、トライアル期間を終え、正式譲渡となりました。

初めての犬の飼育で、心臓の悪いチビ太・・色々と気を使って下さっています。
マメに連絡を下さり、わからないことを聞いてくだって、一生懸命に接して下さっているので、ありがたく思います。

保護してちょうど一年、ワクチンの時期でしたので、ワクチン接種とフィラリアのお薬を貰いに、病院へ受診もしてくださいました。
我が儘もちょいちょいと出てきている様子・・とっても、可愛がって頂いているようです。
C7FE4D81-B436-43E5-8021-D1EEC38D0B5B.jpg

特に、お父さんは、甘々なそうで・・・(笑)
元々、抱っこされるのが大好きなチビ太くん・・甘えん坊なので、我が家で我慢してきた分、たくさん甘えてね~。

優しい家族が出来て、幸せだね。



明日は、八王子のトレ-ナ-さんのグラウンドにお邪魔する予定です。
ボタンは、どうかな・・
いつもお世話になっている八王子のトレーナーさん。
クマは元気かな~。
ゴンちゃんも、だいぶ、人馴れしてきたと聞いているけど、どんなかなぁ。
カ-君の里親さまも、月に何回も、グラウンドに通ってきて下さっているそうで、安心です。

明日、久しぶりに行ってこようと思っています。
今から、みんなに会うのが楽しみです。



あの、チビ怪獣ちゃんは、もう立派な「猫」です。
IMG_1023.jpg
名前は、「かえで」ちゃんになりました。

離乳も順調で、ケ-ジに移しました。
トイレも自力でできるようになりました。
健康な子の成長は順調で安心して見ていられます。
後は、ウイルス検査にも、問題がなく、良いご縁があることを願ってます。

| 犬&猫 | 19:00 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日も色々ありました。

プ-ちゃんも、すっかり慣れて、歩き方にも余裕が出てきました。
お散歩中でも「プ-ちゃん」と呼ぶと、ちゃんと振り向いてくれます。
C47E2032-22CB-4B8E-B341-5B078F59235E.jpg
「おいで」と言う言葉も、何とな~くわかってきたようですが、完璧には理解していないようです。

部屋でも、上半身の姿勢を低くして、ポコタを遊びに誘い、走っています。
楽しそうな姿は、嬉しいものです。
poputi.jpg
そのプ-ちゃん達に、カメラを向けると・・どうしても犬と遊びたいチリリンが、写り込みます。


そして、フリ-ズしている大ちゃんにカメラを向けると・・・
daitiri.jpg
ささっと、チリリン、また参加・・・

さて、その大ちゃんは先週の受診から、ちょうど1週間経ちました。
今朝から、ちょっと体調が悪くなって、何処かが痛いのでしょう・・また少し悲鳴をあげていました。
今日は、行きつけの病院の休診日なので、明日、朝お預けして夕方まで、静注点滴をして頂きます。


そして今日は、午後からKさんのお店で、ポコタを洗って貰いました。
S__166830105.jpg
保護当初、シャンプ-で大騒ぎだったポコタも、今では、コックリ寝てしまうほどの余裕です。

ピッカピカ・・・綺麗になりました。
poko201904.jpg
ポコタは、日曜日にお見合いをします。

今度こそ、良いご縁になってくれると嬉しいです。
綺麗になって、準備はOKです。



今日は、朝から、色々な事が起こりました。

その中の一つ・・・
ポコタのシャンプ-で、Kさんのお店に行った今日の午後・・・

とっても、腹が立つダンボ-ル箱をみました。
421D5707-6277-4094-9819-CD4FE28B19B3.jpg
これです。

この中に、この子達がいたそうです。
867DC2E6-57D3-4B8F-90E8-96B2ACEB65E3.jpg
物じゃあるまいし・・

「ご自由にどうぞ」・・・って、何なんだろう?
その上、「心いい人」って・・。


出勤途中、この箱を見つけた方が、見捨てることはできずに・・・
この箱を抱え、Kさんのお店に「仕事が終わるまで預かってくれないか」と、相談に立ち寄りました。

1匹は、まだへその緒がついていて、3匹は、取れていて、生後7日ほどでしょうか。
まだ目は開いていません。

この時期の2~3時間ごとの授乳は大変です。

夕方、仕事を終えて、こちらに来られたので、今後の事を相談しました。
その方は、日中、お仕事をしている上、仔猫の授乳は未経験です。

大きな愛護団体にも相談したそうですが、しばらく経ってから返事が来ることでしょう。
かと言って、私達も、現状、いっぱいいっぱいの状況です。

困って、KTさんに相談したところ、いつもお世話になっている病院が引き受けてくれることになりました。

当然、病院も慈善事業をしている訳でもないので、勿論、有料です。

善意でこの箱を拾い上げた彼女一人が、費用を負担するのも、おかしな話しです。
病院のお預かりの代金の半分は、こちらに頂いている寄付金から負担させて頂きました。

本来は「ご自由にどうぞ・・心いい人」・・これを書いて、放置した卑怯な人が払うべきです。

仔猫達は綺麗で、室内で育ったように思えます。

飼い猫で、避妊もせずに、中と外を自由に出入りさせる無責任な飼育には、問題があります。
もし、飼い猫から生まれた子であったなら、また、同じ人が仔猫を捨てなければいいけれど・・と、心配になります。


そして、カフェにお預けしていたセサミちゃん。
IMG_5134.jpg
カフェを閉店し、お引越しすることになり、お迎えに行きました。

お迎えに行った日、カフェの猫仲間達が、セサミを見送ってくれました。
69EB41D5-3A46-43ED-A8D7-5C7542019B4E.jpg
みんな・・これまで、ありがとうね。。

長い間、お世話になりました。
KⅮさん、本当に、ありがとうございました。


さてさて、カツオは相変わらず、金魚の糞のように、サビちゃんを追い掛け回しては、怒られています。
sabikatuo5.jpg
以前は、「寝るよ~」と言えば、すっ飛んで来てベッタリくっ付いていた甘えん坊くんが、まるで嘘のようです。
今は、いくら呼んでも、サビちゃんにメロメロのカツオは来やしません(笑)

そのサビちゃんは、土曜日にお見合いの予定です。
sabinyan04.jpg
素敵なご縁になると良いです。


子猫も、ぐんぐんと大きくなり、立派な猫・・・になってきました。
korokonya2019.jpg
この子にも、早く、優しい家族ができますように・・。

| 犬&猫 | 23:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT